■逆SEO対策を駆使すれば競合サイトや競合ページの検索順位を落とす事も可能だが正攻法で勝負すべき | SEO対策壱,トンケン経営研究所【高品質・中長期】価格に見合う価値を提供
新型コロナウイルスに関する情報について

SEO対策壱,トンケン経営研究所【高品質・中長期】価格に見合う価値を提供

東京都のSEO会社、トンケン経営研究所 SEO事業部の「1代目SEO情報ブログ」。Tonken SEO情報ブログ壱

SEO対策 (通常のSEO対策 と逆の行為)を駆使すれば競合サイトや競合ページの検索順位を落とす事も可能である。
競合サイトや競合ページに逆SEO を施して順位を下げるような行為は人としてやるべきでは無い。
しかし、「逆SEO対策 で順位を下げる事が出来る」という事自体を知るのは悪い事ではない。
特に自サイト・自ページの検索順位を下げたい場合には逆SEO対策 は必要な知識となる。

もし、SEO 業者であるトンちゃんのもとに競合ページや競合サイトへの逆SEO の依頼が来てもトンちゃんは受けない。
あたり前だが、こんな後ろ向きな仕事の依頼を受けて、それが世に知れてしまえばトンちゃんSEO対策 研究所の評判はガタ落ちになる。
競合ページの順位を下げることになどに、意識を向けずに自サイトや自ページの順位を上げる事に意識を向けるべきである。

「競合ページや競合サイトへの逆SEO をどうやってやるのか?」が気になる方もいるだろうから少しだけ話す。
SEO対策 を施す場合を考えればわかるが、検索順位を上げようと思った場合、大きく見れば二つに分けられる。
1,自サイトのサイト内要因を検索アルゴリズムに最適化
2,自サイトのサイト外要因を検索アルゴリズムに最適化
この二つを操作して検索順位を上げていくわけだが、順位を下げる場合もこの二つを操作して検索順位を下げていくことになる。
SEO対策 の「逆」は、反対という意味だ。
検索順位を上げる為に実施するSEO対策 と反対の事をやるのが逆SEO対策

SEO対策 で順位を下げる場合、サイト内要因とサイト外要因を操作していくわけだが、上記の競合ページや競合サイトの例の場合だと競合のサイト内要因を動かす事は出来ない。
競合サイトの内部要因を動かす事が出来るのはサイトの管理者のみだ。
そうなると、残るは競合サイトの外部要因のみ。
もっと端的に言えば競合サイト、競合ページの外部リンクとその周辺を操作することで順位を下げて行くことになる。

検索エンジンはレピュテーション(Reputation=世評、評判)を重視する。
例を示す。
貴方の運営するサイトのページAで説明しよう。
貴方のページAが何について書かれたページなのかを決めるのは誰だろうか?
「自分自身?」。
それは違う。
貴方のページのテーマを決めるのは世評(Reputation)である。
社会が貴方のページをどう評するかで、貴方のページと関連のあるキーワード(テーマ)が決まってしまうのだ。
貴方がページAで「SEO対策 」について書いたとしても、外部つまり社会が「野球」について書かれたページだと評せば、検索エンジンはこのページAを野球と関連付けてしまう。

SEO においては、このレピュテーション(Reputation=世評、評判)を操作して行く。
中途半端だが、逆SEO対策 の話はこれくらいで止めておこう。
こういう負のSEO 技術の詳しい部分はトンちゃんのようなSEO 業者であれば知っている必要はあるが、一般のSEO対策 人には必要の無い情報だ。
競合ページや競合サイトへの逆SEO などという後ろ向きな行為に手を出さずとも正々堂々とSEO対策 で競合に勝ち抜けば良いのだ。

競合ページへの逆SEO対策 はやるべきでは無いが、自ページや自サイトへの逆SEO対策 は、必要であればやるべきだろう。
上位化されて社会に知られる事が好ましく無い情報を含んだページの場合、逆SEO対策 を駆使して順位を下げて行く必要がある。
この場合は、逆SEO対策 の対象が自サイト・自ページなのでサイト内の要因を操作することで順位を下げていく。
サイト内部のSEO 諸要素、たとえば内部リンクやキーワード等を操作して順位を下げて行く。
必要があればサイトの外部要因を動かしてさらに順位を落としていく。

当たり前の事だが、SEO対策 が出来る方であればその逆である逆SEO対策 も出来るのである。
正しいSEO対策 とは逆の手法をとれば、嫌でもページやサイトの検索順位は落ちていく。