■トップページのオリジナルコンテンツを大幅に削ったが順位変動無し。SEOとオリジナルコンテンツ | SEO対策壱,トンケン経営研究所【高品質・中長期】価格に見合う価値を提供

SEO対策壱,トンケン経営研究所【高品質・中長期】価格に見合う価値を提供

東京都のSEO会社、トンケン経営研究所 SEO事業部の「1代目SEO情報ブログ」。Tonken SEO情報ブログ壱


テーマ:
トンちゃんSEO対策 ブログのトップページのオリジナルコンテンツを大幅に削ったが順位変動は無かった。
更新を控えている間も当然SEO 実験を繰り返していた。
SEO対策 では、オリジナルコンテンツが重要であるといわれるが「実際どうなのかね?」と思っていた。
そこでトップページにあった大量のオリジナルコンテンツを削ってビッグキーワード「SEO対策 」と「SEO 」での順位変動を観察していた。

アメブロの場合、メッセージという形でトップページにオリジナルコンテンツを追加できる。
トップページの中央部分に最初に出てくる記事の事だ。
普通に投稿して掲載される記事たちと同じように表示されているので、気付かない人も多いだろうが、一応アメブロではトップページに、トップページ独自の記事を掲載することが可能となっている。
まぁ、どこのブログサービスでもトップページ独自のコンテンツを掲載出来るように設計されていると思うが、SEO を意識してこの独自コンテンツ部分を使っている人は少ないだろう。

最初は、このトップページのオリジナルコンテンツ部分の記事をかなりの長文にしていた。
長文のほうが、GoogleやYahooから高評価を得るはずだと考えていたからだ。
しかし、トップページオリジナルコンテンツを大幅に削り、その後、検索エンジンのデータベースが更新されたが順位変動は無かった。
ビッグキーワード「SEO対策 」でも「SEO 」でも100位台のままで何ら変わらず。
Yahooで内部要因が重要になる点は変わり無いのだが、トップページに独自のオリジナルコンテンツを大量に含んでいる必要があるかと言えば、「そうでも無いな」というのがトンちゃんの感想だ。

当時、トンちゃんSEO対策 ブログのトップページはオリジナルコンテンツ1本とコピーコンテンツ5本で構成されていた。
この段階で、オリジナルコンテンツを大幅に削ったが順位変動無しと。
さらに、コピーコンテンツを3本に減らしたが、これでも順位変動無し。

オリジナルコンテンツが全く無いのはどうかと思うが、少なくともトップページの情報の大半をコピーコンテンツが占めていたとしても検索順位にそんなに影響しないんだなという事はわかった。

昔の検索エンジンのアルゴリズムはページ内要因だけでページの優劣を判断していた。
つまり外部要因は関係なかったわけだ。
外部からのリンク等は検索順位に一切影響を与える事は無かった。

しかし、今のYahooやGoogleの検索アルゴリズムは、ページ外要因を重視する。
ページ内要因では無く、ページ外要因を重視するのだ。
もし現在の検索アルゴリズムがページ内要因を重視するなら、当然今回トンちゃんが実行したトップページのオリジナルコンテンツ大量削除により順位は大幅に変動するはずである。
が、実際はどうだったかと言えば、オリジナルコンテンツを大幅に削ったにはもかかわらず、順位変動無しである。
オリジナルコンテンツ量というサイトの内部要因より、外部から張られるリンクという外部要因のほうが、検索順位に与える影響が大きい事が良くわかる。

ところで、ここまでオリジナルコンテンツとコピーコンテンツについて書いてきたわけだが、オリジナルとコピーの説明を忘れていたので少し。
オリジナルというのは「Original=原物(げんぶつ)」という意味だ。
コピーとは、「Copy=複製・写し」という意味になる。
原物(Original)を複製したもの、写したものをコピー(Copy)と呼ぶわけ。
原物(Original)とは、元となる物の事。
その元になる原物(Original)と同じ物を複数作れば、それをコピー(Copy)と呼ぶ。

オリジナルコンテンツというのは、そのページ独自の記事内容のことを指す。
コピーコンテンツは、あるページ独自の記事内容を写した物・複製した物ということになる。
トンちゃんSEO対策 ブログのトップページには現在も3本のコピーコンテンツが掲載されている。
新しく投稿されたトンちゃんのSEO 記事達が新着順で3本掲載されている。
これらの新着記事はあくまで各記事URLのオリジナルコンテンツであり、トンちゃんSEO対策 ブログのトップページのオリジナルコンテンツではない。
各記事URLのオリジナルコンテンツをコピー(複製)してトップページにコピーコンテンツとして掲載しているに過ぎない。

さて、このコピーコンテンツだけで構成されたページの場合とオリジナルコンテンツを含んだページの場合どちらが検索上位に持って行きやすいだろうか?
答えは、オリジナルコンテンツを含んだページのほうである。
完全にコピーコンテンツだけで構成されたページを検索エンジンはしっかりと識別している。

トンちゃんは過去に何度も、コピーコンテンツオンリーのページを検索上位化させようと臨んできた。
結果としては上位化出来たのだが、オリジナルコンテンツを含むページの何倍ものSEO 作業が必要となった。
コピーコンテンツオンリーのページで上位化を狙う場合、オリジナルコンテンツを含むページの何倍もの労力と費用と時間が必要になる事は覚えておくと良い。

先ほど、ページ外要因が検索アルゴリズム攻略において非常に重要だということを述べたが、コピーコンテンツやオリジナルコンテンツというページ内要因もSEO対策 では無視できないので少しは意識したほうが良い。
ブログなどのトップページには少しでも良いので、オリジナルコンテンツを置いておいたほうが良いかもしれない。

検索エンジンはコピーコンテンツもインデックスするが、基本的に検索上位化はさせないので少しはオリジナルコンテンツを含める事をお勧めする。
以上で、「コピーコンテンツのSEO 」と「オリジナルコンテンツのSEO 」に関するトンちゃん講話を終える^^/~~~

トンちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。