■キーワード「Bing SEO対策」5位のトンちゃんTwitter。被リンク4つ。リンク元の強さ | SEO対策壱,トンケン経営研究所【高品質・中長期】価格に見合う価値を提供

SEO対策壱,トンケン経営研究所【高品質・中長期】価格に見合う価値を提供

東京都のSEO会社、トンケン経営研究所 SEO事業部の「1代目SEO情報ブログ」。Tonken SEO情報ブログ壱


テーマ:
Google検索でキーワード「Bing SEO対策 」を検索すると、5位でトンちゃんTwitterが出てくる。
ちなみにキーワード「Bing SEO 」でも9位でトンちゃんTwitterは登場する^^。
トンちゃんは今まで個人のTwitterが検索の上位に来るのを見た事がなかったので、ちょっと企んでやってみた次第だ。
ずいぶん前からGoogle検索で5位を保っているのだが、この「トンちゃん‐Bing SEO対策 」Twitterは被リンク4つと非常に少ない。
なんでこんなに少なくて上位表示が出来るのか?

答えは簡単で、リンク元が強いからである。
「リンク元が強い」とは、言いかえると「リンクの質が高い」ということだ。
リンクポピュラリティ(リンクの質と量)についてはこのトンちゃんブログでも何度も述べてきたし、弟子のブログでも何度も繰り返し述べてきた。
繰り返し言及しているという事は、それだけリンクポピュラリティ(リンクの質と量)がSEO 上、重要だという事だ。

リンクポピュラリティには「リンクの質」と「リンクの量」という二つの要素が含まれる。
リンクの量(リンクの数)は簡単だ。
貴方のAというページに向けて外部からリンクが20個張られた場合の被リンク20個が「リンクの量(リンクの数)」に該当する。
では、リンクの質とは何か?
貴方のAというページに向けてリンクが4つだけ張られていたとする。
その中の一つのBというリンク元ページは、他のページから200個の被リンク を集めていたとする。
この場合、Aのリンク元は4ページしかないが、その中のリンク元B自身は他から大量のリンクを集めているので強力なリンク元として検索エンジンから認識される。
これが「リンクの質」である。
多くの被リンクをリンク元自身が集めている場合、「リンクの質が高い」という事になる。

Aページのリンク元の数は、リンクの量。
Aページのリンク元ページの被リンク数が、リンクの質。
単純に考えるとこうなる。
この「リンクの量」と「リンクの質」を合わせたものがリンクポピュラリティだ。

「トンちゃん‐Bing SEO対策 」Twitterで考えると、リンク元は4つだ。
4つともドメインが同じTwitterアカウントである。
つまりTwitterのページという事だ。
Twitterのページ同士を相互に連結しただけなんだが、そのうちのひとつ「トンちゃん-SEO対策代行人 」Twitterがリンク元としてとても強い。
被リンクが150個くらいある。

確かに、「トンちゃん-Bing SEO対策 」は被リンクが4つしかない見た目は弱そうなページだ。
だが、リンク元のバックリンクを見ると被リンク数は150もあるわけだ。
それ以外の3つは外部リンク無しなのでリンク元としては極めて弱い。
「トンちゃん-SEO対策 代行人」Twitterだけが、リンク元として異常に強いのである。
ちなみに「トンちゃん-SEO対策 代行人」Twitterのリンク元は全てこの「トンちゃんブログ」である。
そしてこの「トンちゃんブログ」はリンク元としてはメチャクチャ強い。
その強力な「トンちゃんブログ」から150近くの被リンクを集める「トンちゃん-SEO対策 代行人」Twitterは、「トンちゃん-Bing SEO対策 」Twitterにとっては申し分の無い強力なリンク元となるわけだ。
「トンちゃん-Bing SEO対策 」Twitterにとって「トンちゃん-SEO対策 代行人」Twitterはリンク元として「リンクの質が高い」という事になる。

リンクポピュラリティとは、リンクの質とリンクの量という二つの要素を含むSEO 用語だ。
「極少リンクで上位表示しました!」という言葉をたまに見かけるかもしれないが、極少リンクだからといってリンクポピュラリティ(リンクの量と質)が「低い」わけでは無い。
リンクポピュラリティ(リンクの数と質)が低いなら激戦区での上位表示は無理である。
極少リンクでもリンクポピュラリティ(リンクの質と数)が「高い」ページが上位表示されるのだ。

今回のトンちゃんの件だと、まさに極少リンクでの上位表示となるが、リンク元は弱く無い。
リンク元が「強い」から、リンクの質が「高い」から、リンクポピュラリティ(リンクの質と量)が「高い」から上位表示されているのである。
実は、「関連性」も関係しているのだが、記事が長くなるので止めておく。
リンクポピュラリティ(リンクの数と質)が低くとも関連性が高ければ上位表示される。

これがSEO対策 の「基礎」「基本」である。
今日の記事もSEO 情報としては、濃過ぎたかもしれない。
以上、濃いSEO 情報でした。終わり。


※リンク元とは、貴方のページにリンクしてくれているページの事です。
※リンク先とは、貴方のページからリンクしているページの事です。
※その後、「トンちゃん-Bing SEO対策 」Twitterの被リンクは増やしたので、今はもっと多くなっている。が、順位は変わらず^^;。

トンちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ