とんぶ―細菌検査室へ行くの巻☆

テーマ:

こんにちは、とんぶーです

 

 

日に日に寒くなってきましたが、皆さんお元気ですかはてなマーク

とんぶーはとっても元気です晴れ

 

今日は、感染管理認定看護師の奥田さんに頼まれて、患者さんから採取された検体を細菌検査室に持ってきたよー目

 

 

いつも検体を運んでくるけど、検査室の中までは一度も喜多!?ことなかったなーガーン
(ちなみにこちらは顕微鏡を覗いている細菌検査室の喜多さんですラブラブ

 

いったいどんな検査をしているのかな・・はてなマーク

少し見学させてもらおっと(ワクワク音譜

 

 

グラム染色は検体をプレパラートに塗って、まず紫の色素で染色したあと、アルコールで脱色、次に赤の色素で染色して、紫に染まるのが、グラム陽性菌で、赤に染まるのがグラム陰性菌なんだってビックリマーク

 

グラム染色検査は、病原体の特定までに至らないけど、病原体の絞り込み、薬剤の選択など簡単で迅速に行える検査なんだってーパー
血液培養の容器がいっぱい!!

 

検体を培地に塗って、菌を培養パー

 

培養検査は数日から数週間かかるけど、病原体の特定ができて、薬剤感受性検査も同時に行えるんだってパー
グラム染色、培養検査で正確な検査結果を得るためには、検体の採取や運ぶまでの保存の時、常在菌の混入を防ぎ、病原菌が死滅しないよう検体ごとに適切な温度で保存しておくことが大事なんだってパー

 

感染した微生物の特定など、感染予防・拡大しないようにいろいろな検査があるんだねーひらめき電球
細菌検査室のお二人様、今日はいろいろ、お話きかせて頂きありがとうございましたマイク
とんぶ―もインフルエンザやノロウイルスに感染しないようしっかり手洗い、マスクをつけて感染予防対策だーカゼ

 

 

 

富田林病院看護部ホームページ

http://nurse.tonbyo.org/

 

 

AD