岡田憲治の「それ、ちょっと聞いてみよう!」第5回 ゲスト 中村奈保子(みんなのデータ出版・営業) | 隣町珈琲からのお知らせ

隣町珈琲からのお知らせ

イベント情報やお店のアレコレを配信していきます。(ホームページリニューアルまで)
Facebookページ(https://m.facebook.com/tonarimachicafe/)やTwitter(@tonarimachicafe)でもお知らせしてます
東急池上線 荏原中延駅にある喫茶店です。イベントや本屋さんもやってます。

「市民の手による「放射能マップ」はいかにして作られたのか?」


岡田憲治先生(専修大学法学部教授・政治学者)をコーディネーターに毎回、気になることや気になるテーマを、気になるゲストをお呼びして、聞いてみようという、知的好奇心くすぐる連続対談、その名も「それ、ちょっと聞いてみよう!」


待望の第6回目は、
2011年の東日本大震災・原発事故をきっかけに、国や自治体のやらない「放射能」の大規模な土壌調査を述べ4000人の市民の協力を得て行い、放射能関係の本としては異例の大ヒットを記録している『図説・17都県放射能特測定マップ』を出版させた、みんなのデータサイト出版 中村奈保子さん!

一市民であり一母親でありながら、2011年の原発事故をきっかけに、自ら子どもの学校の校庭の測定や市民放射能測定所で食品測定を始めた中村さん。
のちに「みんなのデータサイト」と命名されるプロジェクトに参加し、市民のべ4,000人の協力を得て、大規模な東日本17都県の「土壌調査」を3年間かけて行い、その結果に解析を加え、書籍『図説・17都県放射能測定マップ+読み解き集』を出版。
放射能関係の本としては異例の16000部を超える大ヒット、その功績が認められ2019年(第62回)日本ジャーナリスト会議JCJ賞も受賞されました。
今回は、そんな放射能の専門家でもない一市民である中村さんがこの活動始めるに至った経緯、どのように全国の組織と連携し、出版するに至ったのか?そのご苦労や市民活動の面白さ、そしてこれからの展望や思いについてなどなどたっぷり伺います!
「デモクラシーの岩床」を探るシリーズ対談!必見です!
皆さまのご参加どうぞお待ちしております!


【詳細】
岡田憲治の
「それ、ちょっと聞いてみよう!」
第6回 ゲスト:中村奈保子(「みんなのデータサイト出版」営業)


●日時:
2019年11月26日(火)19:00(開場 18:30)

●場所:
隣町珈琲
〒142-0053 東京都品川区中延2-6-2
0364513943

●入場料:
各回3000円(1ドリンク付)
※当日店頭にてお支払いください。

●出演者:
ゲスト
中村奈保子(「みんなのデータサイト」出版・営業)
司会コーディネーター
岡田憲治(専修大学法学部教授・政治学者)

●内容:
ゲストをお呼びし「それ気になる」「それ聞いてみたい」を徹底的に聞いてみる知的好奇心くすぐる対談イベント

●お申し込み・お問い合わせ:
参加ご希望の方は
下記Facebookイベントページ

https://www.facebook.com/events/2767452016627748/
または

隣町珈琲TEL0364513943

までお問い合わせください。

 

キャンセルの場合は、隣町珈琲にお電話をいただくか、Facebookからお申込みいただいたお客様は「参加予定」を「不参加」にしてください。



●岡田先生からのメッセージ
「フェイク、ヘイト、不寛容と、世界には憂鬱な霧がかかったようです。でも、それを嘆くのではなく、「今生まれつつある」、「きちんと見れば希望を指し示す」人と出来事を見出さねばなりません。私は、それをもたらす素敵な人と話をして、確実に息づいている僕らの「デモクラシーの岩床」になるものを探索してみたいのです。」

〈これまでの岡田先生の講座、対談の音源は以下でお聴きになれます〉
・岡田憲治「それ、ちょっと聞いてみよう!」
http://www.radiodays.jp/series/show/91
・岡田憲治「政治学の基本の『キ』」
http://www.radiodays.jp/series/show/87
・岡田憲治×平川克美「路地裏政治学」
http://www.radiodays.jp/series/show/83

★出演者プロフィール
●中村奈保子(なかむらなほこ)
外資系コンサル、IT系ベンチャーなどで人事・営業・企画など。子どもが生まれても働きながら子育ての日々。2011年の東日本大震災・原発事故をきっかけに子どもの学校の校庭の測定や市民放射能測定所で食品測定を始め、放射能の道へ。「見えない放射能」による不安・分からないことだらけのなか、実際に測定してみることで「正しい情報を知ること・学ぶこと」の大切さを知る。そして知ったことを伝えていきたいという気持ちにも。2012年、のちに「みんなのデータサイト」と命名されるプロジェクトの初回の打ち合わせから事務局として参加していたことがきっかけで、現在みんなのデータサイト事務局。全国の市民測定室と連携しながら活動。昨年立ち上げたみんなのデータサイト出版の「ひとり営業部」でもある。
東京在住。家族は夫と中学生の息子一人。日本女子大学 文学部教育学科卒。

●岡田憲治(おかだけんじ)
専修大学法学部教授・政治学者
1962年東京生まれ。
早稲田大学大学院博士課程修了。政治学博士。専門はデモクラシー思想の研究。最近刊は『デモクラシーは、仁義である』(角川書店)、その他『ええ、政治ですがそれが何か?』(明石書店)、『静かに「政治」の話を続けよう』(亜紀書房)、『働く大人の教養課程』(実務教育出版)、『言葉がたりないとサルになる』(亜紀書房)等。
最新刊『なぜリベラルは敗け続けるのか』(集英社インターナショナル)絶賛発売中!
過去に隣町珈琲、ラジオデイズにて講座「直球政治学講義」「政治学基本の『キ』」、平川克美との対談「路地裏政治学」など開催、配信中。