結果と努力と、情熱と | トナカイの独り言
2012年10月02日(火)

結果と努力と、情熱と

テーマ:水泳の話
 新潟県マスターズに出場してきました。
 今回はマスターズ水泳の雄たち…45才代の柳澤さん、50才代の荒木さん…と横並びで泳ぐというふだんならあり得ないドリームレースを実現していただきました。しかも、それをビデオに納めてくれたのが、元デモンストレーターであり、尊敬するスキーヤーである佐藤智子さんという贅沢なものでした。
 相変わらず、わたしは不甲斐ないタイムで、柳澤さんと荒木さんに申し訳なく感じております。

$トナカイの独り言-Niigata


 なかなか思い通りにならないことが、人生には多いものです。
 それどころか、ほとんどのことが思い通りにならない…というのがわたしの実情でしょう。
 ただ一つ真実なのは、そこで諦めたら終わりということです。
 練習は裏切らないと言いますが、練習を止めたらそこで終わりになることは確かです。練習を続けている限り、わずかな可能性が残っています。ただし、いくら練習を続けたからと言って、成功するとは限らないのですが…。
 わたしは、これからもしつこく、わずかな可能性に掛けて行きたいと考えています。

 プールサイドで自分に情けなく感じていると、ライバルであり、素晴らしいスイマーでもある友人が声を掛けてくださいました。ところが、彼は競技役員の服装をされていたのです。
「そんな服を着て、どうされたのですか。今日は出場されないのですか?」
 尋ねると、たいへん驚く答えが返ってきました。
「実は心臓に問題が見つかり、ペースメーカーを入れる手術を受けたのです。ゆっくり慣らしていけば、軽い運動ならできるようになるそうです」
 彼は、わたしの作った個人メドレーの新潟県記録を破ったばかりでした。

 不都合はありながらも自分が五体満足で泳げること、スキーができること、そしてトレーニングを続けられる毎日をすごせることが、いかに幸せなことか。それを痛感しました。
 どうか復活され、また一緒に泳げる日が来るのを、心から待っています。

 参加された700名を超えるみなさんが、それぞれに人生を抱えています。
 仕事や人間関係や躰の悩みを抱え、そのなかで可能な限り情熱を燃やして泳いでいます。
 そんな大会の会場が、貴重で輝いたものに感じられる一瞬がありました。
 荒木さんや柳澤さんも、低迷するわたしを引き上げようと、今回のレースを計画してくださったに違いありません。そんな友情に応えるためにも、これからも 「いつか」 を信じて精進を続けます。

 ところで今回の大会には、エフ-スタイルクラブから四名の選手が出場しました。
 わたしを除いて、他の三名全員がパーソナルベストを大きく更新してくれました。彼らを応援しているだけで、躰が熱くなり、嬉しさで一杯になりました。
「ほんとうに、おめでとうございます!」
 特に何年もベストを更新できず、挫けそうになりながらも努力を続けたわたしの妻に。
「よかったね ドキドキ


 余談ですが、久々に内容の濃いトレーニングの本を見つけました。
 興味のある方は、ぜひどうぞ。たいへん読みやすい英文です。

 Complete Conditioning for Swimming (Complete Co.../Dave, Ph.D. Salo

¥2,070
Amazon.co.jp

トナカイさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス