Doubts against Authorities  /  権威への不信 | トナカイの独り言
2012年02月27日(月)

Doubts against Authorities  /  権威への不信

テーマ:まじめな話
 There were many excellent skiers skiing on the hills of Goryu Tomi ski area
last week.
Those good skiers led many students, who were also ski instructors.
They were all learning new SAJ (Ski Association of Japan) ski methods.

When they made turns in the snowplow position, they brought their outer arms
and outer shoulders up, leaning inside and weighting hard their inside skis.
When they turned in the parallel position the same things happened: both
outer arms and outer shoulders up, leaning their body - axis - inside, and
weighting the inside skis.

As I watched those skiers, I really thought that Japanese ski techniques
were lost in a deep maze.
“They are practicing to get worse!”
That was the sentence which hit upon me first.

If you think about ski techniques, there are many simple sides because most
of them are solved by mere physics. From a physics point of view, some parts
are doubtlessly wrong with the new SAJ method.

It is true that there are many different steps to becoming a better skier.
I like to have the steps in a continuum however, and be able to progress
through them sequentially, instead of being taught a number of different
techniques.

When you think about ski techniques from physics point of view, you can
never neglect Counterbalancing and Counteracting. Those are never changing
techniques. Even though there are other ways to turn, Counterbalancing and
Counteracting should be learned, specially for skiers, who use carving
skies.
Also when you ski fast, having strong centrifugal power, weighting the
outside ski is simple, natural physics as well. Those principles will
never ever change.

A few days after the SAJ technical course, temparature dropped dramatically
after a heavy rain. Only a few skiers skied well on the icy slopes.
Every skiers who skied well on the ice were using Counterbalancing, and
Counteracting.

If you were taught the SAJ method this year, you will be at a disadvantage
when learning how to ski in bumps and how to ski faster in gates.

Teaching Mogul skiing, I found the SAJ method not only make my students'
progress slow, but also pull them back on many occasions.

$トナカイの独り言-Short_1

$トナカイの独り言-Short_2

 先週、たくさんの素晴らしいスキーヤーが、白馬五竜を滑っていました。
 素晴らしいスキーヤーのみなさんが、それぞれたくさんのスキーヤーを引き連れていました。じつは生徒になっていたスキーヤーも、みなさんスキーのインストラクターだったのです。全日本スキー連盟が伝達するスキー技術の研修会をおこなっていたのです。

 彼らがプルーク姿勢でターンするとき、誰もが外腕と外肩を上げ、内側に傾き、内スキーに荷重していました。パラレルスタンスでターンするときも同じでした。外腕と外肩が上がり、軸を内傾・内倒させ、内スキーに加重して滑っていたのです。

 そんなスキーヤーの一群を観て、「日本のスキー技術は、ついに迷路の奥に迷い込んでしまった」 と思ったのはわたしだけでしょうか。
 最初に浮かんだ想いは、「彼らは、下手になるための練習をしている」 というものでした。

 スキー技術には単純な面も多いです。なぜなら、単なる物理学で解ける部分も多いからです。そして物理学的側面から考えると、どうみても今年の全日本スキー連盟の指導法にはおかしなところがあります。

 スキーの上達にさまざまな方法があり、さまざまな道があることは間違いありません。しかし、わたしならできるだけまっすぐな技術の階段を、順々に登っていきたいです。いろいろな階段を少しずつ登ってはまた降り、再出発するようなことをしたくありません。

 スキー技術を物理学的側面から考えると、『外傾』 と 『外向』 はぜったいに考慮しなければならない技術です。特にカーヴィングスキーになればなるほど、スキーの傾きを出すため、より重要となる部分でしょう。これは、変えようがない物理学です。
 また物理学的側面から考えると、よりスピードが速くなり、より強い遠心力がかかってきたら、『外足荷重』 が重要性を増すという事実も変えようがありません。

 全日本スキー連盟の研修会から数日後、ひどい雨の後に気温が急降下し、スキー場全体がスケートリンクのようになりました。その時、うまく滑っているスキーヤーたちは、みんな全日本の滑りとは異なった滑りをしていました。うまく滑っているスキーヤーの全員に 『外向傾姿勢』 が見られたのです。

 もしあなたが、今年の全日本スキー連盟の技術で教えられたなら、あなたは不整地やコブ斜面において、大きな弱点を持つことになります。また競技スキーでより速く滑ろうとする際にも、弱点を持つことになります。
 
 コブやフリースタイルスキーを教えていて、今年のスキーメソッドは 生徒たちの上達を遅らせるばかりでなく、しばしば技術を後退させる場合も多いと、わたしは感じています。

トナカイさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス