第4回マスターズ水泳クリニック by 三浦弘 | トナカイの独り言
2009年08月22日(土)

第4回マスターズ水泳クリニック by 三浦弘

テーマ:水泳の話

 第4回マスターズ水泳クリニックを無事、終了することができました。
 参加してくださったたくさんのみなさま、そして駆けつけてくれた講師のみなさま、ほんとうにありがとうございます。
 今回はメイン講師に、ジャパンマスターズ50m自由形40才代の優勝者、三浦弘さんを招いてのクリニックでした。
 三浦さんはスーパースイマーであるだけでなく、脳活フィットネスという脳を使った健康や上達法の提唱者でもあります。じっさいにたくさんの講義や研修をおこなわれている三浦さん、さすがにおもしろく、ひきつけられる講義でした。
 
トナカイの独り言-4_1

 脳を適度に刺激することによって、若さや健康を保ち、人間としていかに高性能な状態でいるのか?
 そんな講義に、みなさん釘付けビックリマーク

 わたしの率直な感想は、「ああ、スキーヤーに聴いて欲しい!!」というものでした。
 その理由を今日の講義用語を使って書くなら、「フリースタイルスキーヤーには抑制の効かない人が多いから」ということになるでしょうかはてなマーク
 ぜひ三浦さんをお招きし、モーグルスキーヤー相手に講義をしていただきたく感じました。

 もしかすると9月23日に実現するかもしれません。
 実現した暁には、どなたでも参加できる講義にしたいと考えております。スポーツをやっていらっしゃるみなさま以外の方も、ぜひご参加ください。どんな分野のみなさんでも、必ず得るところの大きな講義だと感じました。

 実技講習には忙しい中、柳澤晋平コーチも駆けつけてくれ、三浦さんをアシストしてくれました。
 ありがとうございます。

トナカイの独り言-4_2

 今回は、水泳クリニックをスタートしてから、初めての実技講習のスタイルをとらせて頂きました。
 まず目標を明確に設定し、すべてドリル方式でトレーニングを続け、磨きをかけていくスタイルです。
 三浦さんとしっかり打ち合わせしたこともあり、スムーズに流れ、時間も予定ぴったり。
 初めてスケジュール通りに進んだクリニックとなりました。

 ちなみに、ウイダーinゼリーが応援についてくれたので、みなさんも元気いっぱい泳ぐことができました。
 こちらも、感謝感謝です。

 現世界チャンピオンの松本さんは、いつもどおり的確なアドヴァイスをしてくださいました。
 また模範水泳では、誰よりもフラットなバタフライを見せてくださいました。
 あのフラットさはいったい何なのでしょう。
 たくさんの参加者から、「いつ息をしているのか分からない」という感想が聞かれました。あそこまでフラットに泳ぐことができたら、ほとんどの人が、まだまだタイムを縮めることができるはずです。もちろんわたしも含めて。

 次回のクリニックはアクアウイングから南長野運動公園に場所を変えるかも知れません。
 ぜひ時々、ホームぺージをご覧ください。
 またメールマガジンのご登録も、よろしくお願い致します。

 最後にもう一度、ご参加頂いたみなさま、ほんとうにありがとうございました。

トナカイさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス