第20回新潟県マスターズ水泳大会 | トナカイの独り言
2009年06月29日(月)

第20回新潟県マスターズ水泳大会

テーマ:水泳の話

 昨日の日曜日は、新潟県マスターズ水泳大会に参加してきました。

 会場は、新井スキー場にほど近い「水夢ランドあらい」。


 近頃、水泳大会で思うのは、「なぜプールはこんなにも違うのだろう」ということです。

 二週間前のアクアウングは新記録続出の大会でした。しかし今回は、新記録を出すのがなかなか難しい会場になりました。

 たぶん、プールの長さの差はとても少ないと考えます。たとえば50メートルプールで誤差はせいぜい数センチでしょう。しかし、明らかに記録が出やすいプールがあり、反対に記録の出づらいプールがあります。


 マスターズ常連のみなさんの話で、記録が出やすいのは、富山の短水路大会、レインボーカップ、信越マスターズの新潟西海岸プールなどで、どれも高速プールとして有名なところだそうです。わたしにとって記録がでやすい辰巳は「まあまあ」とのこと。西海岸プールで、わたしは二年前に自己ベストを更新できました。


 高速プールの条件は、まず波が少ないことでしょうか。水深が深く、コースロープが太くしっかりと張られ、壁が波を逃がす設計であることが望ましいでしょう。濾過器などで起こる水流も大きな問題になります。

 加えて、飛び込み台が高く、大きく、しっかり前傾していること。壁が滑らず、思い切り蹴れることも重要な条件になります。また水がきれいで、センターラインや5メートルラインがしっかり見えることも重要です。


 毎年6月におこなわれる大会で、50m自由形が28秒台の記録となり落ち込んでいたわたしですが、今年初の50フリーは27秒台でした。

 50メートル自由形 27.72秒。

 25メートルバタフライ 13.78秒。

 一応、どちらも大会新記録。


 荒木さんに会えなかったのが、とても残念でした。

 わたしの次の大会は、いよいよジャパンマスターズになります。

トナカイさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス