クロールの撮影 | トナカイの独り言
2009年03月26日(木)

クロールの撮影

テーマ:水泳の話

 今日の白馬は久々の大雪です。

 きっと山頂には、粉雪がかなり積もっているでしょう。


 そんな雪景色のなか、昨日はクロールの単行本の撮影をおこないました。


 冬のわたしは、スキーだけで精一杯になってしまい、ほとんど泳げません。それに、冬は太ったり、体調を崩したり、古傷を痛めたり、いろいろあるのですが、幸運なことに撮影自体はとてもうまく行きました。

 それというのも、関東圏に住む、素晴らしいスイマーのみなさまが集まってくださったからです。

 現日本記録保持者2名と、マスターズで名を馳せるスイマーたちが集まってくださいました。


 いちばん驚いたのは…。

 現日本記録保持者で、フィンスイムの第一人者でもある坂本弥生さんが、エフ-スタイル・スクール初期のリーダーの一人、坂本賢司君の従姉妹だということ…。

 そう言えば、坂本君も元々素晴らしい水泳選手でした。

 本の撮影中に、坂本賢治(コキタロウ)君の話で、おおいに盛り上がりました。


 それにしても、坂本弥生さんのボディドルフィンは素晴らしかったです。25メートルを12秒台のドルフィンキック。

 彼女は撮影終了後、そのまま成田空港からフィンスイムの国際大会に向かわれました。

 ご活躍をお祈りしています。


 もう一つ、今回の撮影には、とても嬉しいことがありました。

 それは小学校から知っている滋野文夫さんがモデルになってくださったからです。

 小学校から高校まで、わたしは滋野さんをめざして泳いできました。今でも日本記録保持者として活躍されています。そんな滋野さんと同じ本を作れて、ほんとうに光栄です。


 本の発売は6月末を予定しています。

 乞うご期待ビックリマーク

 モデルのみなさま、ご協力頂いたビックランド小川のみなさま、ほんとうにありがとうございました。


トナカイさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス