小沢民主党代表秘書起訴 | トナカイの独り言
2009年03月24日(火)

小沢民主党代表秘書起訴

テーマ:まじめな話

 これを書いている3月24日は、嫌な感じのする朝を向かえている。

 なぜなら、WBCの決勝の日なのに、どう考えても、それに合わせて大久保秘書を起訴するとしか考えられないからだ。これを書いている朝8時に、まだ起訴されてはいないが…。

 スポーツが、政治に利用されるようで、とても口惜しい。


 ローマ時代から、為政者が民衆を操るのにスポーツを用いることはよく知られている。しかし、ここまであからさまにやられると、「人間はまったく進歩していない」と痛感する。


 日本が行き詰まっていることは、多くの人が感じているのではないだろうか。そして、世界も行き詰まっている。

 その原因は今回アメリカに始まった金融危機なのだろうが、考えれば考えるほど、金融危機は不可避であり、当然の帰結だったと感じざるを得ない。

 金融とか政治のことはよく分からないが、わたしの感じることをそのまま書くと、こんなふうなる。

 「資本主義とお金そのものに、問題がある」


 昔から好きな物語に、ミハエル・エンデの“モモ"という物語がある。

 これは謎の灰色の男たちが、人々から時間を奪っていき、人々からどんどんゆとりや寛ぎを奪い、ついには人生の意味さえも奪ってしまうという物語なのだけれど、後年、エンデはこんなことを言っている。

「灰色の男たちは、現代金融システムにおける利子を指しているのです」


 お金は、生み出されるところから、利子という運命を背負っている。そのため、永遠に増殖しなければならず、永遠の成長を運命づけられている。そんな金融システムを礎にした資本主義は、必然的に大量生産、大量消費という局面を生み出した。そして、大量生産、大量消費に陰りが見えてくると、資本はターゲットを、“物"から、ものを動かす“マネーそのもの"に変え、投資や投機へと動き出した。それが行き着いたのが、金融危機ではないだろうか。


 エンデは「『投機マネー』と『パンを買うマネー』は二つの異なった金だ」と言う。

 お金に振り回されているように感じるのは、「お金に利子という増殖機能があるからだ」とも言う。前より儲けない限り、続かないのだ。


 お金は、わたしたち人間が生み出したもの。

 世界が行き詰まった今、お金というものの意味を問い直し、新しいシステム構築を本気で考えた方がよいのではないだろうか。

 そんな意味から、お薦めの本が以下である。

 ぜひお読み頂きたい本の一冊だ。

エンデの遺言―「根源からお金を問うこと」
¥1,575
Amazon.co.jp

トナカイさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス