クロスプロジェクトグループ 会社総会 | トナカイの独り言
2008年12月02日(火)

クロスプロジェクトグループ 会社総会

テーマ:まじめな話

 わたしは“クロスプロジェクトグループ"という会社の会長を務めています。

 この会社は元々“エフ-スタイル"という名の有限会社を増資し、株式会社にしたものです。

 フリースタイルスキーの学校やエアフィールド、X-techと呼ばれるトレーニング施設を経営しています。


 厳しい時勢のなか、会社総会を山梨県でおこないました。役員の一人、越山さんのお店(お多福)です。

 忙しく、厳しいなか、広島や兵庫、長野、群馬、埼玉、東京からたくさんのメンバーが参加してくれました。

 わたしは白馬から選手クラスを担当する社コーチやシャトレーゼ校の浅野マネージャーと一緒に出発。予定よりだいぶ早く着きました。

 お多福の駐車場で待っていると、続々と到着する仲間たち。

 彼らを見ていると実にさまざまなメンバーがいることを再確認できます。

 年齢もさまざま。最年長がわたし。中心は30才代なかばでしょうか。


 服装もさまざまで、ニューヨークのストリートファッションから、ヨーロッパのタウンウエアまで。わたしはジャージ姿でした。

 髪型もぼうずからドレッドヘアまで。

 集まった人たちが、同じ団体だと、ふつうなら思えないでしょう。さわやかな学生風からダークなストリート系まで…。

 ふと、鈴江バンドを思い出しました。


 今年の特徴は参加者に妊婦さんが多かったことでしょうか?

 今年結婚したカップルや、新しい命がやどったカップルが数組参加してくれました。


 総会の内容には厳しいことや辛いこともありました。

 しかし、さまざまなメンバーがさまざまな個性を持ち、情熱を注ぐ姿に、わたし自身大きな力をいただきました。

 それぞれの過去も違い、教育も違い、経歴も、感性も違う仲間たちですが、ウインタースポーツという絆で結ばれ、運命共同体を創ろうとしています。

 力を合わせ、厳しい時を乗り越え、未来に向かう。それだけでなく、みんな厳しいからこその充実感と、今を生きる大切さを実感していました。

 厳しいからこそ、地力を問われる時代。

 しばらく会えない仲間もいますが、頑張りすぎず、諦めず、今シーズンを生きましょう。

 みなさん、お疲れさまでした。

 応援してくださるみなさま、ほんとうにありがとうございます。


トナカイさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス