レコードの日 | トナカイの独り言
2007年11月03日(土)

レコードの日

テーマ:音楽の話

 11月3日の今日は、「レコードの日」だそうです。

 わたしもそうですが、わたしのまわりには、レコードへの想いが深い友人が多いです。


 “LPレコード、33回転の深淵 ” を書かれている CORPS さんはいうに及ばず、友人の多くがたくさんのレコードを所有していて、よく借りたり、貸したりした記憶があります。


 いちばんレコードを聴いたのは高校時代でしょうか?

 近くのレコード屋さんに自転車で行き、どれを買おうかとレコードを繰っている時など、いつも大きな期待感と不思議な興奮を味わったものです。


 当時のレコードは装丁がしっかりとしていて、あたかも本のような見開きになっていることも多く、美しい写真や芸術的な文章がたくさん記載されていました。ですから、写真を見たり、文章を読む喜びも大きかったように記憶しています。

 フルトヴェングラーのベートーヴェン9番に書かれていた評論に感動し、何度もなんども読み返したことを、昨日のことのように覚えています。

 たしか評論の冒頭に、こんなふうなことが書かれていたような…。

 「宇宙が雪崩を打って落ち始める…」

 そのレコードの表紙は、下のCDと同じものだったような気がします。当然ですが、大きくて、なかにはしっかりと本のようなページが入っていました。


ベートーヴェン : 交響曲第9番op.125 「合唱」


 当時、レコードは高価なもので、たいへんな宝物に感じられました。

 やがて時代がまわり、音楽の主流がレコードからテープへ移り、やがてCDへと変わりました。いつしか、わたしもレコードプレーヤーを持っていない不便を忘れるようになりました。


 不必要なものがあふれている自宅を片づけようと、レコードを整理したのは数年前のこと。そのとき、数百枚のレコードを売りました。なかには手元に置いておきたいと感じたレコードもたくさんありました。

 見開きの空間に、自分の文字で詩のようなものが書いてあったり、感想が書いてあったりするものも多かったです。買った場所と日にち、雑感が少々書かれているものもたくさんありました。

 しかし、「プレーヤーがないのに置いておいても仕方がない」と強いて考え、ぜんぶ売りました。

 別れは辛かったです。


 レコードを扱う時、ほんとうに集中したことも覚えています。

 デジタルでなく、じっさいに音の波が刻まれ、壊れやすい繊細な生き物。スプレーをかけたり、拭いたり、吹いたりするとき、いつも真剣でした。

 レコード一枚に、何と大きな世界が広がっているのだろうと感じました。


 もし一枚だけレコードを手元に残しておくとしたら、やはり上記のフルトヴェングラーでしょうか。

 わたしの持っていたレコードは二枚組で、片面に5番が入っていました。その演奏が、わたしは今でも大好きで、手放すときも「これだけは壁に飾ろうか」と最後まで悩みました。

 バイロイト祝祭管弦楽団による第9交響曲の録音年代は1951年だったはず。

 今ではその音源を徹底的に改良した新盤が出ています。もしフルトヴェングラーを聴きたいなら、上記のCDではなく、こちらの方がいいかもしれませんね。

ベートーヴェン:交響曲第9番[第2世代復刻]
¥2,174 Amazon.co.jp

 高校時代よく通ったレコード屋さんが、昨年倒産したと聞きました。

 最後の数年はレコード屋というより、本屋として頑張っていて、わたしも何度か訪れたことがあります。

 店を閉めるとき、そこの社長がわたしの父にこう言ったそうです。

「うちでいちばんレコードを買ってくれたのは、お宅の息子さんですよ。ありがとうございました」

 もし、わたしに直接、そう言ってくれたなら、きっと涙したに違いありません。

 レコードに、たくさんの感動と勇気をもらいましたから。

トナカイさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス