☆リアルDASHな暮らし☆

        


里山田舎暮らし、自由気ままな旅・お出掛け・・・

人生を楽しむ  サラリーマン奮闘記♪


テーマ:

野沢菜を収穫し浸け終わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

DASH庭川沿いの畑。

 

 

 

初雪が降る前の様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこそこ立派に成長しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何度か霜にあったので、のりけが出てしなやかになっているはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野沢菜は雪が積もると茎が折れてしまいます。

 

茎が折れると浸ける時にくずっぽくなります。

 

なので雪が降る前に収穫します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

収穫開始。

 

 

 

雪が降って積もる前に収穫します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主に茎の部分を食べるので、葉はそぎ落とします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

流水で野沢菜を綺麗に洗います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンボスレーを言う大きなソリを使って洗うと便利です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野沢菜の洗いから漬けの工程は主に母が担当します。

 

私の出番はお膳立てをするだけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水で洗うと野沢菜の茎が綺麗ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野沢菜漬けの素を主に塩やその他の調味料、具材を断層状に入れていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この工程は長年の経験がものを言います。

 

絶妙な塩梅ですね。

 

私には簡単にまねができない工程です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たっぷりと重石をして水が上がるのを待ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漬け上がってくると、ビックリする程に小さくなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野沢菜漬けが完成です。

 

先日の様子。

 

 

 

まだ浅漬かりの野沢菜漬け

 

 

浅漬かりの野沢菜漬けはあっさりとしていて、野沢菜のシャキシャキとした食感や香り、青臭さが楽しめます。

 

 

時間が経って深く漬かってくると、色は茶系になって奥深い味になります。

 

 

 

 

野沢菜漬けは雪国の冬に欠かせない保存食となります。

 

野沢菜漬けがなくては越後の冬は越せません。

 

 

 

野沢菜漬けを楽しみながら、今年も厳しい冬の季節を乗り越えていきます。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

ぽんたさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります