ご訪問ありがとうございます。おかあさん。

 

岡山市の整理収納アドバイザー
整理収納サポート にこぴか です。

 

どうぞよろしくお願いします。手描きふうクローバー

 

サポートメニューサポート対象エリア

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

義母と一緒に、義母の家を片づけたときの話です。

 

今までの話。

義母と片づけ 1 きっかけ

義母と片づけ 2 キッチン

義母と片づけ 3 食器

 
 
今までは、絶対に入ることのなかった義母の部屋。

キッチンがスッキリしたので、いよいよ突入です!

 

6畳くらいの和室にあったモノ。

 

昔ながらの押し入れ

洋服タンスが2つ

事務室にあるような、スチールの棚が1つ

テレビ棚

こたつと(夜寝るときの)布団一式

 

なるほど。

ここも結構な混雑ぶりですなaha

 

 

明らかに洋服の量が多そうだったため

 

おかあさん。「お義母さん、服から始めますか?」

 

と、聞いてみたところ

 

おばあさん「服は大丈夫!自分でできる!!」

 

と言うので、押し入れの中から見ていくことになりました。

 

 

早速開けてみると、客用の布団セットで半分近く埋まっていました。aha

 

おかあさん。「お義母さん、これ、どうします?」

 

おばあさん「いつかお客さんが来た時に使う。」

 

ドキッ!!!あれ?デジャブ??

確か食器のときも同じことを言ってたような・・・sei

 

 

でも、ここで納得してはいけません。

 

おかあさん。「お客さんが来た時、これをどこに敷きますか?」

 

と聞くと

 

おばあさん「まぁ・・・それもそうじゃな。」

 

と言って、速やかに処分が決まりました。ふぅ

 

 

残りのスペースにあったのは服が入った収納ケースだったため、お次はスチール棚へ。

 

中にあるモノを取り出し、「使っているモノ・使っていないモノ」を分けてみたら、ほとんどがいらないモノでしたチーン

 

 

ただ、古いアルバムと、新しいアルバムがそれぞれ何冊かでてきましてね。

 

おばあさん「これは絶対いるんじゃ!

毎日見とるんじゃ!!」

 

なんて言うので、見せてもらったところ

 

古いアルバムには、義両親の新婚時代の写真と、義姉・夫の写真。

新しいアルバムには、私たちの結婚式の写真と、長男の写真が!

 

毎日ほとんど1人で家にいる義母にとってこの写真を眺めるのが楽しみだったんですって。

 

・・・・・と、いうことで

 

アルバムたちは、キャスター付きの棚を購入して押し入れの空いたスペースに収納。

スチールの棚は、処分しました。

 

あとはタンスと押入れの中にある服なのですが・・・汗

 

 

これだけは、自分一人で大丈夫と言うのでね。

 

「服の整理が終わって、お手伝いが必要になったら連絡をください」

と言って終了です。

 

さて、どのくらい待つことになるのでしょうか・・・・・。

 

 

・・・・・続きますぺこり

 

(2016年11月の記事を修正・再投稿したものです。)

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

・子どもの年齢に合わせた収納で、子どもが自分で片づけできるように♪

・出し入れしやすい収納で、毎日の片づけストレスから解放♪

 

暮らしに合わせた整理収納で

にこにこ・ぴかぴかな毎日のお手伝いをします。

 

整理収納サポート にこぴか HP

にこぴか 問い合わせフォーム

(それぞれクリックでジャンプします。)

 

お気軽にお問合せ・ご相談ください。
 

この記事のコメントや、メッセージでも質問をお受けします。

 

 

↑。「笑顔になれる整理収納サポートのプロ」として紹介されています。