ご訪問ありがとうございます。おかあさん。

 

岡山市の整理収納アドバイザー
整理収納サポート にこぴか です。

 

どうぞよろしくお願いします。手描きふうクローバー

 

サポートメニューサポート対象エリア

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

義母と一緒に義母の家を片づけたときの話です。

 

今までの話。

義母と片づけ 1 きっかけ

義母と片づけ 2 キッチン

 

 

大人2人に対し、食器棚2つ分という大量の食器を全部必要だと言う義母。

 

食器についてはかなり思い入れがあると知っていたので、そんなに驚くことはありませんでしたsei

 

しかし、現実はちょっと・・・

いやかなり厳しいわけで汗

 

 

前回の片付けから何日か後。

食器の数を減らすことなく、キッチンをスッキリさせる方法はないものかと頭を悩ませながら、義母の家に行きました。

 

 

すると、なんということでしょう∑!!

 

 

前回、あんなに頑なに「全部いる!」と言っていた義母が

 

おばあさん「あの後、ちょっとだけ自分で減らしてみたんよ。」

 

と言って、自ら食器の数を減らしていました!おおー

 

 

結果、食器棚1つ分で収まるようになり、不要になったもう一つの食器棚は、処分することができましたGOOD。

 

謎この何日かの間に、何があった?

 

義母に話を聞いてみると

 

一緒に作業しているときは、全部いると思っていたのだけど

1人になって、もう一度考えてみたら実はこんなに必要ないんじゃないか?・・・と、思ったそうです。

 

あと

 

全部出して、全部見て、全部入れ直す

 

この作業がとてもしんどかったため、もっと数を減らして、楽になりたいと思ったんですってここだけの話

 

 

おおーお義母さんすごいな!

 

自分で考えて

自分で決めて

自分で行動する。

 

すごく大切なことです。

 

その日は義母をアゲアゲアップに持ち上げて、食器棚の処分の手続きをしましたにこにこ

 

 

その後

 

キッチンの床が大変なことになっていたので、敷物を撤去→掃除→新しい敷物に変更。

 

調理台周辺の収納の見直しの後、ダイニングテーブルの上を、キレイにする。

 

・・・で、キッチン完了です。ふぅ

 

 

全部で1ヵ月くらいかかったかな~・・・

 

その間、私が一緒に作業したのは5~6回くらいで、あとは義母が一人でがんばってくれましたにこにこ

 

 

次は「義母の部屋」に続きますぺこり

 

(2016年11月の記事を修正・再投稿したものです。)

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

・子どもの年齢に合わせた収納で、子どもが自分で片づけできるように♪

・出し入れしやすい収納で、毎日の片づけストレスから解放♪

 

暮らしに合わせた整理収納で

にこにこ・ぴかぴかな毎日のお手伝いをします。

 

整理収納サポート にこぴか HP

にこぴか 問い合わせフォーム

(それぞれクリックでジャンプします。)

 

お気軽にお問合せ・ご相談ください。
 

この記事のコメントや、メッセージでも質問をお受けします。

 

 

↑。「笑顔になれる整理収納サポートのプロ」として紹介されています。