ご訪問ありがとうございます。おかあさん。

 

岡山市の整理収納アドバイザー
整理収納サポート にこぴか です。

 

どうぞよろしくお願いします。手描きふうクローバー

 

サポートメニューサポート対象エリア

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

めそめそ「私は片づけられない性格だから・・・」

という言葉を、時々耳にします。

 

はたして本当にそうなのでしょうか?

 

そんな疑問に、なにかのヒントになればと、義母との思い出話を・・・

 

長くなるので、6回に分けて書きますねここだけの話

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

結婚前

 

夫の実家は、汚屋敷おうちでしたaha

 

結婚後

 

夫が使っていた部屋は、義姉の部屋になり

義姉が使っていた部屋は、物置部屋になり

 

ますます汚屋敷に拍車がかかりましたチーン

(当時義父は県外に単身赴任中でした)

 

ある日、まだ小さかった長男を連れて、夫の実家に遊びに行ったときのこと。

 

義母と私と長男と3人で、義姉の部屋で話をしているときです。

(他の部屋は座れる状態ではなかったため、当時は遊びに行くと、義姉の部屋に通されていたのです。)

 

突然、大きな「揺れ」を感じました。

岡山には珍しい規模の、地震でしたサー・・・・ッ

 

(部屋の周囲にある)大型の家具が倒れてきませんように」と祈りながら長男を腕の中に抱きかかえ、揺れが収まるのを待ちました。

 

・・・・・怖かったううっ・・・

 

自然災害の少ない地域なので、油断していたのだと思います。

 

揺れが収まったあと、思い切って義母に言いました。

 

おかあさん。「今後、今のような地震が起きて、この大きな家具が倒れてきたら、とても危ないです。

私もすぐに助けに来れるかどうか、自信がありません。」

(当時我が家から義母の家まで車で約30分でした)

 

おかあさん。「そして、この状態が改善されない以上、長男をここに連れてくるのが怖いです。」

 

おかあさん。「お義母さん、どうしましょう?」

 

・・・・・と。

 

それまでも、何度か片づけを打診したことがあったものの

 

いつも

 

むかっうちはこれでいい!

むかっむかっどこも困ってない!!

 

と言い張り、頑なに拒否していたのですが

 

その日は

 

おばあさん「そうじゃな。

ちょっと片づけた方がいいかもしれんな。」

 

という返事がかえってきました。

 

よっぽど地震が怖かったのか、それとも孫に会えなくなるのが嫌だったのか、義母の真意は分かりません。

 

でも、災い転じてナントヤラ☆キラキラ☆

 

この出来事をきっかけにして、一緒に義母の家を片づけることになりました。にこにこ

 

・・・・・続きますぺこり

 

(2016年11月の記事を修正・再投稿したものです。)

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

・子どもの年齢に合わせた収納で、子どもが自分で片づけできるように♪

・出し入れしやすい収納で、毎日の片づけストレスから解放♪

 

暮らしに合わせた整理収納で

にこにこ・ぴかぴかな毎日のお手伝いをします。

 

整理収納サポート にこぴか HP

にこぴか 問い合わせフォーム

(それぞれクリックでジャンプします。)

 

お気軽にお問合せ・ご相談ください。
 

この記事のコメントや、メッセージでも質問をお受けします。

 

 

↑。「笑顔になれる整理収納サポートのプロ」として紹介されています。