書類・ファイル・レポートの整理「セキセイ」『アクティフドキュメントホルダー』の紹介であります。 | モノブログDX

モノブログDX

友達が欲しくて始めました。
This sentence is written by Mono blog.

 

 

どうも。

こんばんは。

 

書類の整理は滞っていませぬか。

 

 

いかがおすごしでしょうか。

 

 

さて、今回のテーマは「セキセイ」『アクティフドキュメントホルダー(タテ)ACT-3915』の紹介であります。ニコ

カバーのついた4仕切りのファイルケースであります。もぐもぐ
 

 

 

 

表面であります。爆笑

 

書類をわかりやすくスッキリ収納。BAG IN BAG!ウインク

 

 

裏面であります。キョロキョロ

ヨーカドーで買いました。4INDEX、4つの仕切りと5つの収納があるのであります。お願い

 

 

 

ペンホルダーがついております。ニコ
 
 
それでは開封するのであります。ウインク
オープン。照れ
 
 
開封したところであります。ニコ
カバーの材質がしっかりしておりまして、内側はツルツルした仕切りが入っているのであります。内側が透けにくく、外側のカバーは少しざらざらしており、押し付けると透けます。もぐもぐ
 
 
じゃばらにしたところ、横からであります。キョロキョロ
しっかり書類が入る厚さであります。ニコ
 
 
ペンホルダーにペンを取り付けてみるのであります。ウインク
 
ここからカバーをしていくのであります。もぐもぐ
 
ペンをこう、かぶせるように書類と一緒に収納できるのであります。ウインク
 
 
入る書類の厚みはCampusのレポートパッドが1枚入る程度であります。もぐもぐ
1仕切りにつきレポートパッド1冊程度であれば余裕で入ります。やってみたのですが1仕切り2冊は難しかったのであります。キョロキョロ
 
 

うちの使い方の紹介だよ!

そして、今回からですねわたくしこのA4サイズのレポートパッドを収納して、読書メモを書こうかなと思っているのであります。ニコ
学校でやるようなガチガチのものではなく、新書に、文庫本なんて本1冊持って喫茶店にカッフェなんて出かけるときがあるのでありますが、
 
 
本を読んでるなかで「おっ?この本に書かれてるこれ、なんかいい話聞いたぞ?これ忘れたくねぇな」というときがたまにやってくるのでありまして、そんなときに要点だけまとめて軽くレポートを書いておくのであります。ウインク
 
 
そうすると、レポートをまとめたものを軽く見ただけで「ああ。そういう本あったよね〜」みたいなことがあるのであります。あとは自分の持っている表現の言葉数が増えるから、話題が増えるなんてこともあったりします。ニコ
 
 
他にも提出書類の行方がバラバラなものを収納することも用途としてアリかもしれません。休日がエクストリームな予定になりそうなときの書類整理をイメージしてきました。ウインク
役所行って、買い出し行ってと表と裏の透明なところで文字が透けるため、メモの確認らは出すだけでわかるのが強みであります。爆笑
 
 
こういう人いないんですかね?わては気持ちいいタイプであります。ウインク
 

インデックスファイルとの出会い

そしてですね、わたくしインデックスファイルに出会ったのが実はまだ1年程度でありまして、きっかけは提出書類の行方と定義の方向でありました。もぐもぐ
 
 
その場にそぐわない書類を出して「ここは窓口が違うよ」ということが過去に何度もありまして、なかなか恥をかいてきたのであります。びっくり
 
 
その、恥をかく度合いが、身分証明にマイナンバー通知カードを出すぐらいとんちんかんなことしてきたのでありまして、そこから書類について考え直し、文房具屋でうんうん唸っていたところインデックス(索引)の考え方に触れることができまして、そこから窓口に沿った書類の提出ということができるようになりました。ウインク
 
 
最初に買ったインデックスファイルは5インデックスでした。ニコ
今は論文から面白そうなPDF書類を印刷し、ホチキスして電車で読んでいるのであります。照れ
 
そこから12インデックスにハマったのであります。ウインク
これは横であります。中にはメモと論文が入っております。アメリカで行われている声が病気の早期発見に役立つのではないのか?という内容であります。生理周期も声に現れるみたいなものも書いてあり、顔に出にくいけど不機嫌な女の子を見抜くにはみたいに派生して勉強していたところであります。ウインク
 
 
2枚目はニオイが病気の早期発見に役立つのではないか?という論文が入っています。もぐもぐ
 
今回はセキセイから『アクティフドキュメントホルダー』の紹介でありました。ウインク
 
 
また明日。お願い