1年生 | 柴田倫世オフィシャルブログ「柴田倫世の育児ダイアリー」Powered by Ameba

1年生

今日から長女の学校が始まりました。

もっと緊張したりワクワクしたりするのかな、と思っていたのですが
2年前から通い始めた学校にそのまま行っていることもあって
ほとんどの人が顔見知りで娘も私も通常運行に戻った感じです。

それに日本では定番のランドセルもないので
”ピッカピッカの1年生~♪”
という風情が全くない(涙)!

でも代わったこともありました。
教室、担任の先生、クラスメイトです。

久しぶりに通う学校、
娘はもともと家にいるのが大好きな子で、しかも
夏休みの間好きな事ばかりしていたせいか
前日から「学校行きたくない~!」とずっと駄々をこね、
当日の朝も何度起こしてもなかなかベッドから出ませんでした。
大好きなスケートのレッスンの時は率先して起きるのに
私と一緒で精神面が体も左右するようです(苦笑)。

そんな娘を何とか説得し
学校へは息子とちびちゃんも伴い4人で行きました。
まずは2年前にお世話になった先生にご挨拶、
続いて去年お世話になった先生の教室へ
娘のことはもちろん
どちらの先生も
下の2人の名前もしっかり覚えてくれていてとても嬉しかったです。
最後に向かったのが娘の新しいクラスルームです。
娘と担任の先生は面識があるので
心配はしていなかったのですが、
挨拶を済ませた私を
予想以上にすんなり家に帰してくれました。
困ったのは下の二人です。
本を手に取って普通に椅子に座りくつろぎ始めたので
「おいおい!君たちは帰りますよ!」と笑ってしまいました。


帰ってきた娘に
「今日学校どうだった?」と聞くと
「楽しかった!先生がすっごく面白かった。」だそうで
なんだかんだ言って
ほっと胸を撫で下ろした母でした。

息子とちびちゃんの学校は来週にならないと始まらないのですが、
今日はちびちゃんが週3日通うことになる
プリスクールの先生達が家庭訪問をしてくれました。
子供達が出来るだけすんなりなじめるようにということで,
最初は少し警戒していたちびちゃんも
10分後には持ち前の明るい性格で先生達を笑わせていました。

ちびちゃんが学校に慣れてくれれば
長女を産んでから初めて
午前中一人になる時間を週3回持てる事になり
なんだか寂しい気持ちもあり
「何しようかな~」なんて今からワクワクしたりもしています。

今週はお名前書く時間がありませんでした。ごめんなさい。
でも皆様の書き込みありがたく読ませてもらいました。
いつもありがとうございます!