【内容充実】天海玉紀先生の十二支講座〜午の巻【抱腹絶倒】 | ムールクの書斎~Muluk's Library

ムールクの書斎~Muluk's Library

シンクロ二シティ研究会マヤ暦認定アドバイザー野中智世です。
マヤ暦、算命学をはじめとする占術で、面白くてお客様の役に立つ情報をお届けしたいと思っています。

こんばんは。野中智世ですニコニコ
先日、待ちに待った講座に参加して来ましたラブラブラブ
天海玉紀先生の「十二支講座〜午の巻」でございますキラキラ

あ〜今回たぶん、いつもにも増してだだ漏れの長文です。読まれる方は、ご注意下さいアセアセ

散々書いてますが、何しろこちとら、午月午日午時間生まれの、どこを逆さに振っても、正真正銘の午族馬
{320817AC-510A-4CE1-B6AD-A4B6249DF369}
しかも今回の講座、津々浦々から、午族のお嬢様方が大集結というじゃありませんか!!どんな熱気とテンションと濃度に包まれたものになるのか、期待てんこ盛りで参戦致しました!!

もはや玉紀先生の講座では鉄板と言っても過言ではない、内容充実の資料を片手に、同じ火属性の巳と午では何が違うのかとか、午と易経の「天風姤」のお話とか(陽の中に陰を一つだけ含む卦です。陽の極みでありながら、忍び寄る陰を併せ持つのが午なので)、興味深いお話をたくさん聞けました照れ

そしていよいよ、ここからが真骨頂!!
午族のレディ達左矢印花輪くん風にね爆笑にお一人ずつサンプルとして、ご自分の午的エピソードを語って頂き、午族のリアルということで、皆での共有タイムを、かなり長く取って頂いたのですが、ここで感じたのが、進行の玉紀先生のナビゲートの上手さですキラキラ

サンプル様ご当人の、皆が食いつきそうな午的エピソードを、スムーズにチョイスし、サンプル様にスピーチを促し、それを皆でシェアしたり、意見を述べ合ったり、それらが玉紀先生の見事な手腕で進められ、実に流れるようでしたキラキラ

私も、まな板の上の野中と化して、自己開示かつスピーチさせて頂いたんですが、驚いたのが、ドイツにいたこととか、母親の介護のこととか、玉紀先生がきちんと覚えていらして、うまく水を向けて下さったことです。
(それに、四柱推命でみると、命式が傷官だったり劫財だったり、どっちなんだと迷ったことまで、覚えておられましたアセアセ)
算命学では、調舒=傷官中心ですが、どっちもあるということで、劫財=石門の洋服を着てもいいんじゃない?と仰って頂き、そんな一粒で二度おいしいなんてサイコーじゃん爆笑!!と、調舒と石門着回すことに。このノリも、我ながら、午ならではです太陽馬

で、ワタクシ的に思う(丙)午とは。

切る時はスパッと切って、二度と振り向かない、そんなヒマがあるなら、ハイ次!!今関心のある、面白そうなことに、パカパカ馬向かうことしか、考えてません。
自分としては、そこに一ミリの後悔もなく、他の参加者様もおっしゃっていましたが、自分が燃えなくなったら、自家発電できなくなったら、自ら消えるのみです。

たとえ、それまでどんなに頑張って来ようと、好きだろうと、お金をかけようと、今、ここで、好きでなくなった、面白いと思えなくなった、関心がなくなったことを継続するのは、一秒たりともありません。
そしてそこに、周囲の思惑とか他者目線とか、入る余地もないのです。
すべては自分ありき、周囲がどんなに、
「あんなに好きだったのに」
「あんなに頑張って来たのに」
なんでやめるの!?言おうが、どこ吹く風です。

同じ火属性でも、巳だと、もうちょい頑張ればいいのに、何でもう少し粘らないの?になるので、かなり毛色が違いますね〜口笛

純粋に心のまま、その都度その都度、これだ、飛べ、ポーン!を選択して生き、結果のことなど考えちゃいません。そのあたりを、午の潔さと捉えて下さる方もいらっしゃるかもしれませんが、大概は、午のきまぐれ、午の飽きっぽさ、正直ついて行けねーよ、かもしれませんキョロキョロ
が、そんなことにも忖度しないのが、また午族なのです爆笑 

そうそう、同じ日干支丙午でも、巳月生まれの方は、テンションが全然違いましたタラーおとなしいというか、奥ゆかしいというか、その方は、東が禄存でしたので、お土産一つ買うにも、ちゃんと相手方のリアクションまで考慮されるのです。

午月丙午の私(東は貫索だ)なら、会社全員分、萩の月やら笹かまぼこやら買って来て、「我が宮城は世界一ィィィ!!心して食うがいい」くらいなノリで、口に突っ込むだろうと思います。トーゼン、渡した、やり切ったで満足してるので、他はまるっきりカヤの外ですニコ

算命学は、「何の月の何の日に生まれたか」を、とても重視するのですが、同じ日干支で、同じ火性の月に生まれても、巳と午ではかなり違う、なので、冬生まれで、水気たっぷりの午族レディ達は、これまたかなり違うんだと、サンプルスピーチを通して知ることができ、これもめちゃくちゃ面白かったです爆笑
本当は強いのに、お外では楚々と控えめなのが、水気たっぷりな午族レディ達。
午要素が隠れているので、しっとりたおやかな中に、激しい情熱を秘めて…と、少女マンガのヒロインになれそうですラブラブラブ
ホントに、ナチュラルボーン夏の午と、対極の冬の午は、ホームとアウェイくらい違うんだな〜と思いましたびっくり

そして。
満を持して、丙午と並び、午族ツートップと称されていると聞いたことのある、活火山、戊午族のご登場です。
代表は、何と言っても翡翠先生だと思うんですが、お話が面白くて抱腹絶倒だったのはもちろん、さすが「つちみ(土性)」をお持ち、思い立ったらポンと行動は同じでも、必ず結果を伴うのです爆笑!!火生土で、燃料は自らくべられますしね。
たとえば海外に滞在したら、帰国後の仕事に結びつけるとか、配偶者をゲットするとか、しっかり実に結びつけられるのは、財気の土性ゆえでしょうか。行ったきりで満足照れしてしまう(出せば満足の洩気止まり)火属性としては、大いに見習いたいと思いましたおねがいそう、持ってなくても真似はできるグーハッ

紫外線強力な丙午(by.翡翠先生)ですが、本やネットにある特徴もキョーレツですタラー

カギ女性には強すぎ、配偶者を激しく剋す
カギ一将相成って万骨枯る
カギ周囲の犠牲の上に自らが立つ
カギ目的のためには手段を選ばない
カギ生涯孤独→new
カギ火が強いと組織人には向かない→new
(サンプルスピーチの際、玉紀先生も「社畜でいいの?」とおっしゃってましたが、命式にただ一つある、剋気の壬のおかげで、会社にぶら下がってられるんだと思いますアセアセ)

丙午は、ほんとボロクソに書かれてることが多い笑い泣きですが、いっそどんだけクソミソに書かれてるか、表現集でも作ろうかって勢いです。ドMかよ…。
いやいや、一度きりしかない人生、どうせ上げるなら、スターマインだ!!
それでこそ、午族ってもんだ!!
{F6DDAFCF-030B-4938-AA16-DF3A73195D1C}

ホント、長々とすみません笑い泣き
「夏生まれの丙は、自分が良かれと思う行動が、逆に周囲の迷惑となる場合がある」
ホントそうです、すみませんショボーン
テンションを下げろ!!

お読み頂き、ありがとうございますニコニコ