こんばんは。

面白くて役に立つを占術でお伝えする伝道師、野中智世ですニコニコ


突然ですが、

「一生懸命頑張ってるつもりなのに、なんだか生き辛さを感じる」

とか、

「一生懸命頑張ってるつもりなのに、自分の人生なのに、なんだかコレジャナイ感でいっぱい」

とか、感じたことはありませんか?


私自身も、何というか、そういう違和感を感じながら、日々を過ごしていた時期がありましたショボーン

そんな時に限って、なんか良いことないかな〜どこかに良いこと落っこちてないかな〜などと、他力本願も極まれりな、天将星にあるまじき、ムシのいいことを考えていましたアセアセ


で、ネットサーフィンしまくって、「引き寄せ」について調べてゆくうちに、シンクロニシティからマヤ暦へと導かれたわけなのですが、いろいろ詰んでいたタラーその時の自分が、劇的変化というのではなくても、少しずつ、気持ちの持ち方が変わり、自分の人生を、再び前向きに捉えることができるようになっていたのですキラキラ


たとえば、どんなに面白くないことがあったとしても、特にその場が会社だったりしたら、感情垂れ流しや、テンション高いまま、誰かに怒りムキームカムカをぶつけること爆弾は、基本的にNGですよね。

自分の気は済むかもしれませんが、周囲はドン引いて終わりですガーン


大人なら、自分の機嫌くらい自分で取らなくてはならないキョロキョロ

言葉は悪いかもしれませんが、そういった「逃げ水」になってくれた、気持ちをフラットに保つ一助になってくれたのが、マヤ暦であり、マヤ暦の「ゴールデンルール」と呼ばれている、「0の概念」や、「マトリックス〜配列」などの考え方でした。


先日、夏瀬杏子先生の算命学「十二大従星講座」に参加させて頂いた際、まぁ、天禄+天将+天将という、こなクソ身強アセアセであるが故に、何もしなくても存在するだけで愛されるという、赤ちゃん星赤ちゃん「天印星」とか、一コくらい、こんな可愛らしい星が欲しかった!などと騒ぎましたが、(講座の様子は、杏子先生が「目標はありますか?」で、書いて下さっています)所詮はないものねだりタラー自分の持ち物で勝負するしかないわけです。


そこで登場するのがマヤ暦!!

(いつにもまして、話の進め方がヘタですみませんアセアセ)

誰もが、本来の自分を知り、役割や才能を知り、幸せになるため、魂を輝かせる生き方をするため、それにふさわしい日を選んで生まれて来る、というのがマヤ暦での基本的な考え方だと、師である方から学びました。だとしたら、可愛らしい星を一つも持たないアセアセ私でも、天禄+天将+天将という、あり余るエネルギーを使うことで果たせる、何か「お役目」があるのではないか…今はそう考えています照れ


そんなマヤ暦を使っての鑑定会やイベントの機会を与えて下さった、「ウラナイトナカイ」様で、GWにマヤ暦のワークショップを、開催させて頂けることになりましたルンルン

題して、「もう一人の私を生きる〜マヤ暦占星術入門」。

もう一人の私、この双子座ふたご座的な講座タイトルは、まつい店長が付けて下さいました爆笑双子座的でもあるし、マヤ暦の「ゴールデンルール」の一つ、「インラケッチ〜あなたはもう一人の私」にも、ピッタリですラブラブ

まつい店長、ステキなタイトルを、ありがとうございますおねがい


生年月日からマヤ暦を紐解くことで導かれる、「もう一人の私」キラキラ

たとえば一日のうち何時間かでも、週末だけでも、「もう一人の私」として、「本来の自分」として過ごすことで、コレジャナイ感ばかりの日々よ、サラバ…を目指してみるのはいかがでしょうかグリーンハーツ


じゃあ、ワークショップでどんなことするの?何がわかるの!?などについては、別に改めてお話したいと思います。


とりいそぎ、開催日時を。


カギ5月4日(金・祝)  14時〜16時

カギ定員8名様

カギ受講料 3,000円


お読み頂き、ありがとうございますニコニコ