新卒採用で何をみられているのか-能力(2)- | 秘密の「就活力養成講座」
2012-04-18 22:00:00

新卒採用で何をみられているのか-能力(2)-

テーマ:INPUT講座

今日も、新卒採用で選考過程において何をみられているのかということで、<能力>
について説明していきます。
このブログの内容で何かえられるものがありましたら「ツイッターでつぶやく」を押していただけると、とてもうれしいです。
※「新卒採用で何をみられているのか-能力(1)-」はこちら


【人事に見られている4つの要素】
■能力:職場の中心人物へと成長する見込みがあるか。

■ストレス耐性:入社したのち、仕事の辛さから会社をやめたりしないか。
■歩留まり率:そもそも、内定を出したあとに、入社してくれるのか。
■人間力:一緒に働きたいと思えるか。


前回は、中途採用との比較から、「新卒採用」において求められることを説明してきました。即戦力が求められる中途採用に対し、今後の成長の見込みが求められるのが新卒採用であると述べました。それも、新卒採用については、採用する学生が入社後、具体的にどの部門でどのように活躍するかまでは人事でも予見しがたいものだとお伝えしました。

さて、ではわずか数十分の面接の中で人事は何をどうやって判断しているのでしょうか。今回は「何を」について説明していきます。

「何を」については、すでに述べたとおり学生の今後の「のびしろ」の大きさです。「のびしろ」の大きさ、つまりビジネスの場において必要な「素質」を評価するためのキーワードはそんなに多くはありません。「能力」に関係してくるキーワードをここに列挙します。


【能力についてのキーワード】
◎基本的人格
★主体性
★協調性
☆問題発見能力
☆行動力
☆思考力

【備考】
◎は、グループディスカッションで見られる基本的な素質
★は、1次面接で見られやすい最も基本的で重要な素質。
☆は、2次面接以降で問われる、より具体的な素質。



…はい、「たったこれだけ」です。
あまりの少なさにビックリされた方も多いのではないでしょうか。私も、初めて新卒採用担当になった時には驚いたものです。しかし、項目の数は少ないものの、これらは原則的かつ本質的なもので、ビジネスパーソンが成長していくうえで必要とされる要素をカバーしているといえます。
では、順にひとつずつ見ていきましょう。

◎基本的人格
人間として、基本的な部分に問題がないかどうか。
会話のキャッチボールができるかどうか。相手に不快な印象を与えていないか。
TPOをわきまえた行動ができるかどうか。
【OK/NG例】最も基本的な部分ですが、意外に×がつきやすい項目です。平常時は問題ない人でも面接という特殊空間においては知らずにNG行動をしてしまったりします。
爆弾NG:集団面接などで他の学生を批判するような発言をする(ディスカッションの中での主張の対立は別)
爆弾NG:差別的な発言をする。
爆弾NG:全く発言しない
爆弾NG:他の学生に話を振らずに自分だけ話し続けている。

★主体性
自分の意思をもって、選択しているか。
指示を待ったり周りに流されて行動していないか。
【OK/NG例】
爆弾NG:「私は○○をしてきました」…と言うものの、話を聞いていると周りに流されていただけだった
グッド!OK:周りと同じことをする場合でも、自分の意思をもって、自らの価値判断のうえで行動していれば問題ありません。

★協調性
周りとの和を考えて行動しているかどうか。
【OK/NG例】
注意が必要です。事なかれ主義はNGです。協調性が問われるのは協調が難しい場面です。
会社は馴れ合いを求めているわけではありません。
グッド!OK:主張の対立があった場合にどのように折り合いをつけたか(説き伏せたかではない)。
グッド!OK:不和の状態から和の状態に漕ぎつけたエピソードなど。
爆弾NG:仲良くやれればそれで良い、といった内容。

☆問題発見能力
現状の改善点・問題点を認識する能力があるかどうか。
【OK/NG例】
企業には、成長するという使命があります。よって、現状をよりよくしていくためにも問題発見能力が問われます。
以下に例を挙げましたが、あくまで説明に「人事が納得する必要がある」ことをおさえてください。
グッド!OK:自分の短所は○○だと認識していて、それは○○という根拠があるから。
グッド!OK:所属サークルをより良くするために○○という問題を解決する必要があった。なぜなら○○だから。
爆弾NG:現状に何も問題点はありません。といった内容。

☆行動力
主体性とやや重なりますが、実際に行動する能力を問われます。
行動の結果、成功したか失敗したかは問われません。
※成功に理由や失敗の理由は、上記の「問題発見能力」として問われますのでおさえて下さい。
※行動した理由は主体性と密接しています。
【OK/NG例】
グッド!OK:短所は○○と認識しているが、これを改善するために現在○○をやっています。
グッド!OK:サークルをより良くするために、今までなかったこんな取り組みを行いました。

☆思考力
判断のスピードや、その際の基準などを問われます。
【OK/NG例】
グッド!OK:人事から意外な質問をされた際に、すぐに考えをまとめて回答できる。
グッド!OK:質問に答えられないときでも、人事が納得する形でそれを説明できる。
爆弾NG:質問の答えがない場合に、何も言わずに俯いてしまう。


さて、今回は「面接の中で人事は何をどうやって判断しているのか」という議題のうち、
「何を」に焦点をあてて説明しました。なんとなくイメージはついてきたのではないでしょうか。
もっと詳しく知りたい!という要望は当然あると思いますが、これは実践編に譲ります。

次回は「どうやって」の部分にスポットライトをあてていきます。
具体的な面接における質問例とその理由なども紹介していきます。

それでは次回もご期待ください。



▼ブログランキングに参加しています。記事が参考になりましたらワンクリックお願いします▼
人気ブログランキングへにほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ

就職活動ブログランキングへ

元人事採用担当者!さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス