地クラブとの違い。 | ゴルフ工房Kの店長ともやんブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

ゴルフ工房Kの店長ともやんブログ

ゴルフ工房の店長であり、某メーカーさんのテスターをするバスフィッシャーマンです。
今年はゴルフでクラブ選手権チャンピオンを目指してがんばります。
基本はゴルフネタを中心に釣りネタ、グルメネタを更新していきます。

良く聞かれる質問。

地クラブと一般メーカーとの違いはなんですか?


あくまで例えば、、、の話で言うと。


靴で例えるなら、皆さんはこだわりありますか?
5000円くらいの物やブランドものだけどさほど高くない1〜20000円のもの。
更には完全オーダー品で10万円以上するものもあります。

何が違うのか?

一般メーカーのクラブは組み方も決して丁寧ではなく、完成品をただ買うだけ。
試打クラブと実際に買うものは別物はよくある話ですよね。

で地クラブは、工業製品であるが上の交差も少なく、好きな各個人に合ったヘッドを選び、さらにその個人に合ったシャフトを選びます。



本当に重要なのはここからでして、ヘッドにシャフトを挿す挿し方で全く別のクラブになるのです。

プレイヤーの癖に合わせて、FA(フェイスアングル)を変える事もできます。

要するに、自分の足の多きさにピッタリ合った靴を作るように、各プレイヤーに合ったクラブを作れるのが地クラブになります。

それに、各パーツの組み合わせが重要であるのと好みに合わせてカスタマイズする事も可能。

自分の好きなヘッドの形やデザインに自分に合ったシャフトを選び組み上げでいきます。


特にアイアンに関しては、地クラブは最近ではオリジナリティを出すために、こんな事もできます。


良く見ていただけるとわかりますが、ロッディオの様にRマークの色を好きな番手を好きなカラーに変更できます。

さらに、ヘッドの重さもかなりシビアに作られております。

ヘッド重量が0.1g単位で表記されてます。

一般のクラブは?と言うと。
基本軽めに作られておりこの様な重りで調整されてます。

※一般、ナショナルブランドのクラブから抜かれた重り。

酷いものになると10gの重りが入っている場合もあります。

地クラブは先程の画像のように、ヘッド重量が流れに沿って出来ているのでこのような重りを入れることはあまり無いんですよね。
※極端に短くする場合は重りを入れます。

総括すると、一般メーカーのクラブの様に他の人とかぶりたくない、地クラブのようにオリジナリティを出したい、自分に合ったクラブを使いたい方にはかなりオススメいたします。

その他プラスαの楽しみもあります。



クラブのご相談は当店にお任せください。

ゴルフ工房K