きほんの一問一答【33】都市計画法(1) | TOM★CAT ~友次正浩の宅建合格道場~

TOM★CAT ~友次正浩の宅建合格道場~

LEC宅建講師、友次正浩のブログです。
勉強の方法からモチベーション維持のコツまで、
宅建受験生の方に役立つ情報をお届けして、
皆様を合格までナビゲートしていきます。


テーマ:

★――――――――――――――
【33】都市計画法(1)
――――――――――――――★

[問1]
市街化を抑制すべき区域のことを
何といいますか?


[問2]
「主として中高層住宅のための
良好な住居の環境を保護する
ため定める地域」のことを
何といいますか?

 


===============


さて、それでは確認しましょう。


[問1]
すでに市街地を形成している区域や、
おおむね10年以内に優先的かつ計画
的に市街化を図るべき区域を
「市街化区域」といいます。
それに対して、市街化を抑制すべき
区域を「市街化調整区域」といいます。


[問2]
これは第二種中高層住居専用地域の
ことを指します。大きめの店舗や
事務所なども存在します。

 

===============

 

よって、今回の解答は
[問1]市街化調整区域
[問2]第二種中高層住居専用地域
となります。

 

★復習用

 

友次正浩さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ