きほんの一問一答【04】時効 | TOM★CAT ~友次正浩の宅建合格道場~

TOM★CAT ~友次正浩の宅建合格道場~

LEC宅建講師、友次正浩のブログです。
勉強の方法からモチベーション維持のコツまで、
宅建受験生の方に役立つ情報をお届けして、
皆様を合格までナビゲートしていきます。


テーマ:

★――――――――――――――
【04】時効
――――――――――――――★

[問1]
取得時効の成立要件は
「( A )をもって( B )に、
かつ、( C )と、他人の物を
占有した」場合です。空欄A~Cに
入る言葉は何でしょうか?


[問2]
取得時効について、占有開始時に
善意無過失であれば、何年間で
所有権を取得することが
できますか?


[問3]
時効の中断事由はどのような
ものがありますか?

 

===============


さて、それでは確認しましょう。

[問1]
取得時効の成立要件は、所有の意思
をもって平穏に、かつ、公然と、
他人の物を占有した場合となります。

[問2]
取得時効は、占有開始時に
善意無過失=10年
それ以外 =20年
となります。

[問3]
代表的なものは請求と承認です。
その他、差押え、仮差押え、仮処分
もあります。


===============

 

よって、今回の解答は
[問1]A=所有の意思 B=平穏
    C=公然
[問2]10年
[問3]請求・承認(など)
となります。

 

友次正浩さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ