1月8日の外国為替市場では

前日からのドルを買い戻す流れが強まって

ユーロ/ドルが一時1.2200ドル割れの水準まで下落。

 

結果、11月初旬から形成していた上昇チャネルの下辺を

下抜けるここととなった。

一日だけの動きでは、確たることも言えないが

今後同チャネルを明確に下放れ

さらに21日線をも下抜けることとなれば

当面は1.2000ドルの節目が意識されやすくなると見られる。

足下のドル買いは、相当に積み上がっていたドル・ショートを

目先的に解消する一時的な動きと見る向きも少なくはないが

果たして、本当にそうなのだろうか?

 

「この動きでドル安トレンドに変化が生じたと見るのは早計」

との見方もあるが、個人的には過度なドル安の流れは一巡したと考える。

 

8日の米10年債利回りは一時1.11%台まで上昇。

確かに、少々オーバースピード気味ではあるが

もはや1.0%未満の水準には戻りにくい。

 

米債利回りの上昇が続くと

いずれ米株価が一旦調整となる場面も訪れよう。

とはいえ、少し長い目で見ると米株価と米債利回りの上昇が

同時進行する可能性も大いにある。

 

今回の「バブル」のスケールは過去最大になっておかしくない。

歴史を紐解けば、バブルは繰り返すほどスケールが大きくなる。

米国経済が壮大なバブルの様相を呈するようになる局面で

なおも「リスク選好のドル売り」などという条件反射が

通用し通用し続けるとは考えにくい。