好きなお金の使い道を突き詰めて「お金を楽しめるお菓子」の意義に気付く | お金も家族も一緒に笑う「ぜにわらい生活」の秘訣

好きなお金の使い道を突き詰めて「お金を楽しめるお菓子」の意義に気付く

ぜにわらい協会の会長、吹田朝子です。

 

先日、開催した「ぜにわらいPG」で、

自分のお金の癖などを振り返っていた際、

私自身、

出張先などで、お金を楽しく連想するお菓子があると、

必ずといっていいほどお土産に買っているのに気づきました!

 

例えば・・・

2月上旬の銭洗い弁天ツアーで見つけた

お札の箱に入って、千円札、五千円札、1万円札の形と模様のあるチョコレート、

 

また、先日は日銀の貨幣博物館ツアーで、

日銀の金庫の紙模型の箱に入ったお札クッキーを。

 

またあるときは、お札のおせんべいを・・・(写真がなくてすみません)。

 

またあるときは、お札の珍味^^。

 

他にも硬貨の模様の和菓子の最中や、

銀行の地図マークでもある分銅の形の最中などなど・・・・


これらのお菓子を見たり、口に入れたりすることで、

親子でも、仕事仲間とも、友達とも、

楽しくお金の話ができるようになるのを実感しています。

 

中には、知人同士の

お金の支払いなど、督促などもせずに、

自然をお金を楽しく払って、精算できる雰囲気になったりもします。

 

やはり、

お金のことを不安・怖いなどの感情を持っている場合も、

このような「なんちゃってお金のお菓子(ぜにお菓子=ぜに可笑し=ぜにおかし)」があるだけで、

身近に感じたり、楽しく感じることができるのではないでしょうか?
それが楽しいお金の支払いと受け取りにも通じると思っています。

 

そんなお金との楽しい付き合いの第一歩に貢献できるよう、
お金を楽しめるお菓子(ぜにおかし=可笑し=お菓子)
の情報提供をこれから始めようと思います!

 

以上、プレ告知でした!