私たちが既に授かっている貴重な宝 | お金も家族も一緒に笑う「ぜにわらい生活」の秘訣
2019-01-23 22:14:01

私たちが既に授かっている貴重な宝

テーマ:■銭笑い循環受け取り力

ぜにわらい協会のお金のメンタリスト®、すいたともこです。

 

今まで、普段から、

「何のためにお金を使いますかー?」

ということを

問うことが多かったのですが、

 

 

その前に、私自身が、
「自分は、何のためにこの世界に命を授かったのだろうか?」

「何のために生きているのだろうか?」

ということを置き去りにしてやいないか・・・

と思うことが多々ありました。

 

 

どうしても「頭」で考えてしまい、

「こうすべきだ」

「こうしていればよいはず」

といった固定観念に縛られがちですよね。

 

 

こういう時には、

自分ひとりだけでは打破できないもの。

 

 

私も日ごろお世話になっている方々にお声がけいただいて、5~6年ぶりに体験して心身を新たにしてきました。

まだ、じわじわと脱皮真っ最中というかんじです^^が・・・。

 

 ↓ ↓ ↓

ピーストスウェットロッジセレモニー
(リンクはこれからの春バージョンです)

説明くださるマザーアース・エデュケーション (M.E.E) 主催 松木 正さん。

 

(↑太陽の光が。。。)


産道をつたって、子宮をシンボライズしたドームに入っていきます。
東を向いたドームの入り口から、東を見ると・・・

この地球で私たちの細胞を創ってくれている自然の恵みが。

 

なんとマッチ一本で身長ほどにも燃え上がる炎で焼かれた石に
水が注がれ、高温の蒸気とともに熱いエネルギーが発せられ・・・私たちは・・・


 

松木さんのご指導のもと、スタッフの皆さん、そして

参加者同士のワークを通じて、

全員の言葉が自分へのメッセージとなって、

じわじわと巡ってきます。

本当に有難うございました<(_ _)>。

 

 

自宅近くに帰ってくると、

いつもの木々の香り、枯れ葉の匂い、風の音、鳥の声、

柔らかい日差しを

改めて感じ、

自分を包んでくれている本当に貴重な宝がたくさんあると
思えるようになっていました。

 

 

私たちは、

お互いに関わり合いながら、

ふとした出来事をしっかりと受け止めて、

当たり前ではない有難いことと気づき、

それらが幸せの証だと気づき、

それをそのまま受け容れて、

人生を全うするように

構成されているのだろうと思います。

 

 

・・・・・・・・・・・・・

気がつくと、

最近受けるお金のご相談も、

言葉のキャッチボールをしながら、

金額云々の前に

「お客様ご本人が

その家庭や職場を取り巻く地球環境・自然環境のなかで、

どのように暮らすのが長期的に幸せを実感できるのか???」

を自然とイメージして言葉を発するようになっていました。
 

 

なので、

シミュレーションなど金額の計算を細かくしなくても、
電話でも、お互いに伝えあって共有することが

できるようになっているように感じます。

 

 

目に見えるお金の金額評価は、

地球上にあるたくさんのたくさんの宝の中のほんの一握り、一部にすぎませんよね。

 

 

もっと大局的に、

自分の生きる道として本当に大切なことを捉えて、

自然の流れや循環を意識しながら

人生の1日1日をつないでいくと、

幸せを感じる度合いが一層深まっていくように思います。

 

私も日々、噛みしめながら味わいながら進んでまいります。

 

ぜにわらい協会オフィシャルページ

 

 

楽しくお金と付き合い家族の幸せをサポートするお金のメンタリスト 吹田朝子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス