「ありがとう」がトークンになって流通する世界「感謝経済」と「ぜにわらい」の共通点 | お金も家族も一緒に笑う「ぜにわらい生活」の秘訣
2018-10-07 23:11:07

「ありがとう」がトークンになって流通する世界「感謝経済」と「ぜにわらい」の共通点

テーマ:■銭笑い循環受け取り力

私たちにとって

「お金」とは何か?

「価値」とは何か?

 

改めて考えたときに、こちらの会社さんの取り組みに興味を持って、

取材してきました!

 

お金の価値にとらわれない相互扶助の「感謝経済プラットフォーム」が本格稼働へ

 

「評価経済」は、

中国でかなり進んでいると言われますが、

 

日本発の評価経済として、

「ありがとう」の気持ちを感謝指数として指標化して

トークンとして流通させようと、

OKWAVEが展開しています。

 

一見、主観的な「ありがとう」の想いですが、

感謝指数は8つのテーマで、人工知能AIが分析、学習、データを蓄積。

 

オリンピックに向けて、

外国人も、

日本のサービスを気持ちよく使ってもらえるように

なるといいですね。

 

実は、OKWAVEの役員さんや事業部長さんとも

お金の意味、

循環させることの大切さを

一緒に共有させていただきました。

楽しくお金と付き合い家族の幸せをサポートするお金のメンタリスト 吹田朝子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス