化粧品は美容皮膚科を経営するうえで 


避けては通れない


 かつ 友人であります





敵とは、ムダに価格が高いクセに


効果が期待できない内容で


当院のレーザー治療が


本当に適応があるにもかかわらず、そんなんにお金を費やしてしまって 出来ない、


なんてときは その化粧品は 


私にとって爆弾です





当院である程度治療して、良い状態が


ある程度 続くよう淡々と塗っていっていただく、


皮膚の保護、アンチエイジングに関して意味があると思える化粧品ならば


友人ドキドキです





「 アマケノホッサンほど、化粧品はありますけどね、


高いお金出して 何年も塗って、その効果なんて


本当は、時間を逆戻ししてその当時のあなたでまた再検しなければ


厳密にはわからないですよ  」





有効性がちゃんとわかっているもの、安全性が確立しているもの、と考えると


多くは、ビタミンA、C、Eなどの抗酸化ビタミンが真っ先に適応になります


まずはビタミンなので、安全であり、分子量といわれる 物質の粒の大きさも


小さいので 塗って皮膚内にはいる製剤にしやすいのです


このコンセプトで最も、長い間、きちんとした製剤を作っているのが





エンビロン の レチノール製剤!!です





実は、エンビロンというメーカー、ワタクシ、研修医のころから知っておりまして


レチノールと言われる ビタミンA類を


使ったコンセプトはほぼ、30年くらい変わって


いないのです!


「 真実というものはそうそう変わらない、


皮膚に良いもの、安全なものは


そう次々と出て実証出来るものではない、


今年はこれ、来年はコレと変わる話でないはずだ


皆さんに失礼ではありますが、


移り気で飽き性な消費者に媚びてあれこれ作りまくる会社は オカシイ、と化粧品に関しては思った方がいいです。





ただ、このエンビロンの難しいのは


副反応の診断と対処です





ビタミンA類の皮膚のターンオーバーを整える


関係上、使用していると 多少のカサつきがでて、


「 かえって、乾燥した!」


と言われる方が居ますが


違います。


皮膚の要らない角質が剥がれて良い状態に


変わる前段階です。


かゆみがないようなら たっぷりと保湿しつつ


使い続ける事です。


問題があるなら、当院においで下さい。


スキンケアのエラー等、何か上手くいかない


原因があるはずです。


この通り顕微鏡下で




{DE02E63E-7605-467E-9D5C-2B7190A6CD15:01}


このような 表皮が分厚く変わり


真皮層のコラーゲンが増え、


角質も 適正な薄さになり


みずみずしい張りのある肌になるのが分かります


このエンビロンのビタミンA とDRXのビタミンC、エラスチンのラインがあれば、


もう、十分ではないのか…


それ以上 お金をかける必要もなかろう、


特に若い時分から使い出せば、


シミも作らず シワも少なく、たるみ治療だけで


話が済みそうな気がします





今回 究極のCークエンス シリーズスターターキット


販売予定しております!





現状の モイスチャークリームより


ビタミンAの安定性が高くて


入りやすい製剤になっています


是非とも!































































京都ロゴ






大阪ロゴ