1984大千穐楽。 | ともさかりえ オフィシャルブログ Powered by Ameba

ともさかりえ オフィシャルブログ Powered by Ameba

ともさかりえ本人によるオフィシャルブログ


テーマ:




「1984」豊橋にて大千穐楽を迎えました。終わった…本当に終わった…。こんな日が来るなんて思わなかったね…と皆で豊橋カレーうどんを食べながらしみじみ。それぞれの101号室から、やっと解放されました。

こんなにも暗闇の中で時間を過ごしたこともなかった。自分の不甲斐なさに撃沈し、心許ない気持ちで過ごした3ヶ月。ピクリとも動けなくなったきっかけはどこにあったんだろう。でも本当に些細なことだったような気がする。東京初日前後の、あの時間を思い出すと今でも震えがくるのですが、でもこうやって壁にぶつかりまくり、追い詰められ、ぐるんぐるん悩んだ時間は、きっと今の自分に必要なものだったんだと思います。役者という仕事の在り方について、根本から考える日々でした。

豊橋の終演後、劇場から出てきて外の柔らかい光や空気を感じ、ああこんなに気持ちの良い世界があったんだなぁ〜と、じわじわと身体がゆるんでいく感じで。ぼんやりと漣さんのことを考える。漣さんは、こんなふうに心地良い人だった。少しビールを飲んで、帰りの新幹線で、ちびちびとアイスクリームを食べ、静かに静かに日常へ帰る。

今回のカンパニーは本当の意味で馴れ合うこともなく、それが逆に良い緊張感を生んでいたような気がします。開演前に役者全員で集まる時間も、いやぁ〜ホントに毎日毎日よく集まったなぁと。合計したらどれくらいの時間になるだろうねぇ?と。大千穐楽当日までスピードスルーして台詞合わせした現場は初めてかも。開演前に必ずむぎゅむぎゅと抱き合うハグタイムも欠かせないものでした。(宮地さんと私はハグタイムのことを「祭り」と呼んでいた)大千穐楽を迎えて、次は絶対に楽しい芝居を一緒にやろうね!と言い合った。

もう終わったので考えなくてもいいのですが、果たしてジュリアは何者だったんだろうと、未だに残る謎。もちろん解釈の仕方は人それぞれですが、本当の正解はなんだったのかなぁ……ああ、この話を始めると果てしなくグルグルしてくるので、もうやめておこう。

昨日までとは何だか世界が違って見える今日。さようなら、はじめまして。漣さーん!無事に終わったよ!見守っていてくれて、ありがとう!






















ともさかりえさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース