5月: 東京に帰ってきました。 | ともさかりえ オフィシャルブログ Powered by Ameba

ともさかりえ オフィシャルブログ Powered by Ameba

ともさかりえ本人によるオフィシャルブログ





福島ロケ、無事に終了しました。
5日間の滞在でしたが、
もっと長くいたみたいに感じる。
撮影が終わりまして、
渋滞に巻き込まれながら
東京に帰ってきました。
大森ちゃん、運転お疲れ様!
どうもありがとう。



この一ヶ月近く、ずーっと、
不安に思っていたシーン。
何をしてても、笑ってても、
どこかでこのシーンのことを
ぼんやり考えていました。
先に東京へ戻る衣装のまさえさんに、
「頑張ってね」と静かに強く言われ
なんか泣きそうになった。



一昨日の夢のような撮影があって、
それがあまりに最高すぎて。
でも夢から覚めたら現実があった。
そういう流れが自然にできたうえで
昨日のシーンが撮れて良かった。
砂に染み込んだ叫びみたいなものを
この手で触れて掴んでぶちまけた。
泣いて泣いて泣いて、枯れた。



こんなふうに、
本番!の声に緊張もせず、
うまくやらなきゃとか、
ちゃんとやらなきゃとか、
気負うものも一切なく、
ただ、その瞬間を感じて、
感じたままに居れたことは
とても幸せでした。
そんなこと滅多にないから。
監督やスタッフさんのおかげです。
そして福島のおかげです。
土地のエネルギー、
人のエネルギー。
そういうものを
全身で感じての撮影でした。
色んな人に支えられて
私達の仕事は成り立っています。



考えることは本当に尽きない。
私が見たものは何だったんだろう。
昨日の海もとても綺麗だった。
でも近付くほどに遠くなる。
あちこちに残る津波の足跡。
まだ帰ってこれない地元の人達。
感傷に浸るようなものではなかった。
生きていくエネルギーって凄まじい。
生きていかなきゃいけないんだもの。



今回、福島で撮影した作品、
皆さんに見てもらえるのは
結構先になるかと思います。
でも、絶対に見てほしい。
見てもらいたいなぁ。