めぐあき

めぐあき

パワプロOB選手査定を載せます。 査定基準はデフォに近づけているつもり。


テーマ:

1979年 近鉄バファローズ 外野手 アメリカ出身

97試合403打席108安打37本塁打94打点0盗塁.324

獲得タイトル:MVP/本塁打王/B9

 

 

ほぼイメージのみで査定。

確認程度で資料を見返したけど

ほぼ修正する必要なかったという珍しいパターン。

 

査定考察

ムード○+チームプレイ○

チームに与える影響力を表現したかっただけ

 

捕球G+送球G+エラー

イメージ的に張本みたいな感じ。

守備範囲よりはやらかしを強調した

 

アベレージヒッター

つけてもいいレベルの選手。

ただバースに付けなかったのにマニエルに付けるのはどうなのかと

そんな感じで却下。

もしバースより先に査定してたら付けてたかも

 

対左

数字?確認したけどそんなんどうでもいい。

イメージ的な情報が無いから

 

ケガ

マニエルに限らず死球離脱選手は悩みますね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

1985年 阪神タイガース 一塁手 アメリカ出身

126試合570打席174安打54本塁打134打点1盗塁.350
MVP/首位打者/本塁打王/打点王/最多安打/最高出塁率/最多勝利打点/B9

1985年各種成績

対右.354/41本

対左.342/13本

安打方向:左19中39右57

本塁打方向:左18中9右27

内野安打5本

猛打賞20回

勝利打点22(プロ野球記録

サヨナラ(犠飛)1回

得点圏打率.392

初球打率.449

 

査定考察

 

ミート

アベレージをつけない代わりに基準より少し高めに。

 

パワー

PH金特にする代わりに基準より少し低めに。

 

守備、捕球

イメージ。捕球≠エラー回避。

 

サブポジ外野

1年目に無理矢理。

緑プレートの違和感半端ない。

 

チャンス

得点圏打率はどうでもいい。

イメージのみ。

 

エラー

守備の不安定さを表現。

 

悪球打ち

ハイ・ローよりもこっちの方がしっくりきた。

 

調子極端

イメージ的に安定よりも極端。

オーペナ結果?そんなんしらん。

 

アーチスト

本塁打を打つ技術に優れているって意味で。

アーチストって名称のせいで違和感しかない。超パワーヒッターとかにすればいいのに。

 

アベレージヒッター

悩んだけどなんかイメージに合わないから却下。

オーペナ結果??だからそんなんしらんて。

 

広角打法

イメージ。

流し打ち

なんとなく。

固め打ち

回数。

初球

数字。

逆境

イメージ。金特があれば迷わず選ぶほど。

威圧感

イメージ。

お祭り男

シリーズ。

 

走塁

走塁技術は意外と高かったらしい。

ケガ

イメージ。

 

 

 

久しぶりにガチ査定しました。疲れたけど楽しかった。

イメージ査定でやるとこんなに変わるのかと(今まではデフォぽい感じだった

 

"配球の読みが上手い"というのをパワプロでどう表現すればいいのだろうか。

 

 

 

    

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス