柔らかく弾力のある筋肉(第2939回) | パーソナルトレーニング TOMONOTE

パーソナルトレーニング TOMONOTE

体調や目的に合わせて専門トレーナーがパーソナルトレーニングを致します。

久しぶりに柔らかく弾力のある良い筋肉を触りました。

サイクリストのK様(30代/女性)が、下半身の疲労軽減の為に整体に来られたのですが、以前より良い筋肉になっていました。

※画像はイメージです。
半年ほどストレッチを継続して行っている成果だと教えてくれましたが、コンディションが良い筋肉の柔らかさと弾力でした。

良い筋肉と悪い筋肉の感触を伝えるのは難しいですが、牛肉で例えると和牛と輸入牛肉ぐらい違います。(個人的な先入観です。)

和牛は柔らかく弾力がありますが、輸入牛肉は筋があって固いといった感じです。

筋肉に柔らかく弾力があると何が良いのかと言うと、筋張った固い筋肉より性能が良いです。

色々な動きや出力に対して柔軟に対応してくれ、怪我などの故障のリスクも低くなります。

柔らかく弾力のある筋肉を手に入れるためには、トレーニングと疲労回復のバランスをしっかりと取ることです。

運動不足だと筋肉は発達しませんし、疲労回復のケアをしなければ筋肉は固くなります。

皆さんも良い筋肉を付けませんか。

 
 
「わたしを諦めない」

今出来ることをやる。今を一緒に乗り越えたい。

https:/tomonote.jp