仙腸関節の歪みは腰痛引き起こす(第2904回) | パーソナルトレーニング TOMONOTE

パーソナルトレーニング TOMONOTE

体調や目的に合わせて専門トレーナーがパーソナルトレーニングを致します。

今日はI様(40代/男性)が、6年ぶりに整体に来られました。

症状は6年前と同じ腰痛です。
今回は腰を伸ばすと痛みが出るようで、痛くなってからは前かがみで生活されていたそうです。

診させていただくと骨盤に歪みがあり矯正させていただきました。
すると痛みが面白いように無くなり、腰を伸ばすことが出来るようになりました。


骨盤に歪みがあるというのは、仙腸関節という「仙骨」と「腸骨」が結合している関節が歪むことをいいます。

普段はあまり動かない関節なのですが、何らかの原因で歪みが生じると、腰痛などの症状が出るようになります。

自分の骨盤が歪んでいるのかを自分で知ることは難しく、また治すことはもっと難しくなります。

腰の不調は早めにご相談ください。
放っておいても、歪みは改善しません。







「わたしを諦めない」

今出来ることをやる。今を一緒に乗り越えたい。

https:/tomonote.jp