運動中の立ちくらみの原因(第2412回) | パーソナルトレーニング tomonote

パーソナルトレーニング tomonote

体調や目的に合わせて専門トレーナーがパーソナルトレーニングを致します。

お客様からスクワットなどの上下運動の際に、立ちくらみが良く起こるとご相談がありました。

 

運動中や運動後に気持ち悪くなったり立ちくらみが起こる原因としては「運動後低血圧」が考えられます。

 

運動によって筋肉に刺激が与えられると、本来なら脳や内臓に回される血液が筋肉に優先的にいくことで、脳や内臓の血流量が減り酸欠状態となります。



特に運動に慣れていない方は注意が必要で、動作中に呼吸を止めてしまうような正しくない呼吸法の方は酸欠状態に陥りやすくなります。


力むときに息を止めがちになると思いますが、回数を数えたりしながら呼吸を止めないようにしてください。


また休憩をしっかり取ったり、体力に合わせたメニューを行うことも大切です。


運動中に気分が悪くなったりすると、運動するのが怖くなったりするかもしれませんが、対処すれば大丈夫なので安心してください。


 

 

 

「わたしを諦めない」

岡山市でパーソナルトレーニングならお任せください。 

https://tomonote.jp