義母の仏壇は、母屋にある。

そして私たちの離れには、ご先祖の法名を書いた額があり、普段のご先祖へのお参りに使っている。

いずれ亡くなった義母も名前を連ねるが、49日が空けて、時期を見てするつもりだ。

夫も、まったく同じことを言っていた。



夜寝る前に、じいちゃんの翌朝の食事を置いてくる。

夫と一緒に行って、義母の仏壇に手を合わせるのが日課だ。

とはいえ、疲れ切って私が行けないことも多い。

必然的に、義母に手を合わせる機会が少なくなる。




「向こうのお義母さんにも手を合わせなさい」

実家の仏壇に手を合わせた時、とうとう言われてしまった。

はーい😓と言いつつ、バタバタと毎日が過ぎる。

気がつけば、夫長男が「花が枯れてたから」と抜いておいてくれた。




スーパーで、ふと生花が目に入って、思い出して買ってきた。

子供に気を使わせるようでは…と、反省しつつ、花を生ける。

仏壇の前に座り、義母に話しかけた。



いつもほったらかしで、ごめんね。

お花があったから、買ってきたよ。

やっぱり、新しいとキレイだよね…

ぼんやり見る義母の写真が、手前に二重写しになっている。

ふいに、手前の顔だけ、笑顔になった!

これにはビックリ‼️


私「良かった、お義母さん、お花を喜んでくれてるよ。

最初に比べて、ずいぶんと落ち着いてる。

そろそろご先祖の仲間入りする頃かな」

夫「俺もそう思ってたところ!」

顔を見合わせて、笑ってしまう。


お義母さん、夫くんを産んでくれて、いい息子に育ててくれて、ありがとう。

感謝してますおねがい






2nd☆23時間幸せ計画



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ にほんブログ村

 

☝ブログ村に参加してます

ポチッと応援お願いします✨

 

はじめまして、とものすけです

 

御朱印がくれた軌跡