幸福の科学の指導霊は、一番長く3年以上も指導してくださいました。

しかし、このところはめっきり言葉をいただくことが無くなり、寂しく思っていました。


先日、ある男性のことで霊能者の友人(指導霊の言葉を通訳してくれてた)に相談すると、「わかっているはずですよ」と指導霊から、しこたま怒られる羽目に。


久しぶりに言葉をいただいたと思ったら、大目玉とは情けない😭


おまけに、友人の言葉がどうも意味深で、はっきり言わない。


後から推測するに、どうも私が男性に対して、思わせぶりな態度をとったようです。


それならハッキリ言ってよって感じだけど、友人はお金と恋愛の相談は乗らないというほど、男女間の話を恥ずかしがるので言いづらかったようです。


私は相手が私を女性として意識している(もしくは先々そうなるであろう)ことは想像もしてなかったことです。


どこから何をしたことがいけなかったの?とパニックでした。


その後は、夫に相談して事なきを得ました。


それを友人にラインで報告したのですが、既読スルー。


別件で困ったことがあってと相談するしても既読スルー😭


数日して、忙しかったか何だかで、返事できなくてごめんね、また連絡するね、とありました。


経験からこれは社交辞令だなと、この先は相談しにくくなるなという予感がしました。


指導霊が変わるとき、自然と前の指導者と縁が薄くなることを繰り返してきたので、あっても当然のことかもしれません。


指導霊が変わっても、友人としての付き合いは変わらないと思ってましたが、想像以上に縁遠くなりそうです。


指導霊の言葉も、友人とも連絡が取れない寂しさと苛立ちと、更年期も手伝って、体も気持ちもベコベコに落ち込こみました。



いつまでも、こんなことではいけないと、夫に頼んでコンコンさんにお参りしました。


第一声で「情けない!お前は私たちの氏子だろう!」


情けないのは、自分が一番わかってます…😭


怒られてるんだけど、怖いよりも言葉をいただけるありがたさに感涙でした。


いつも誰か言葉をくれる、そうしたことに甘えすぎていたとも思いました。


すると意外な言葉が…


「時を待て」


もしや!また指導霊と話せるようになるかもしれない!


でもそのためには、もっと精神的に自立して、強くならなくちゃいけないだろうな…


後から考えれば、指導霊に頼りすぎて、これではダメだと判断されたなら、また同じ指導霊がついてくれるとは限らないんですが…


その時はとりあえず少し元気を取り戻した感じでした。


寂しくてどうにもならない時、他にもたくさん応援してくださっている存在を、気配で感じる、視覚で感じることもあります。


真摯に自分と人のためになることを考えて、コツコツがんばっていれば、たくさんの人物が応援してくださるものなんですね。


悩んで、迷って、落ち込んで、見えない中から一生懸命探した答えは、砂金のようにキラキラと輝いて、きっと私を笑顔にしてくれると思います。


それまで時を待ちながら、やるべきことをがんばっていきたいと思います。