はじめまして、とものすけと申します。


30代〜40代前半はうつ病で、薬を飲みながら子育てしていました。


2009年、40歳で前夫を亡くしました。

それ以来変なものが視えたり、亡くなった人が夢に出てくるようになりました。


2010年、斎藤一人さんの大宇宙エネルギー療法や白光の浄霊をやり始め、憑依体質であることを知りました。


2012年、強い霊感を持ったKさんと出会い、憑依のたびにKさんに相談するようになりました。

Kさんを指導したW先生、ご先祖、様々な霊人のアドバイスを伝えてもらうようになりました。


2014年、Kさんが幸福の科学の支部に行きたいと言いだし、本を読みなさいと言われました(後に先生の言葉だったとわかりました)


2015年、幸福の科学の先生の本を読んで、正しいことをおっしゃっている、もっと学びたいと思って入会しました。

それから3年に渡り、Kさんを通じて先生から様々なアドバイスをいただきました。


2019年、徐々に霊感が強くなり、自分で言葉をいただくことが増えると、独り立ちのためにKさんからのアドバイスが無くなりました。

未熟ながら、手探りで霊との付き合い方を模索しています。




そうした体験を話すことが、どなたかの幸せへのヒントになれば、これほど嬉しいことはありません。


あなたの幸せが今よりもっともっと広がりますように…💖