私の職場に出入りしている商社マン(以下商社マンという)の子供さんが、県立★★中学校合格されたそうです。

県立★★中学校は歴史は浅いですが優秀な学校です。そしてなんと言っても学費の安さが超魅力的です。

商社マンと受験について語った時、優秀な学校でしかも学費が安い県立★★中学校に合格するにはどんな事をしたか教えてくれと言われたので教えました。

しかし、商社マンは、私に聞いておきながら、私のやり方を子供にやらせませんでした。

商社マンの子供さんの勉強方法を聞いてみると、小学校1年生から6年生まで、公文式のみの通塾しながら、6年生の9月から県立★★中学校の過去問を受験日までに繰り返し演習したそうです。

一方、私の子供の場合は、
小学校1年生から3年生まで通信教育。小学校4年生から6年生まで受験塾へ通塾、6年生8月いっぱいまではガチで国私立中学受験勉強。広島の主要中学校すべての受験で全教科満点を取ろうと目論んで勉強していた。9月から県立★★中学校の過去問を2週間に1回1年分取り組む。受験1ヶ月前は国私立の受験勉強のため県立★★中学校の過去問にはかまっていられなかった。県立★★中学校受験一週間前は連日過去問演習。

私と商社マンは違う方法で子供に勉強をやらせました。

国私立の勉強を基礎に据えて公立適性検査攻略考えていた私達親子、

公文式の勉強を基礎に据えて公立適性検査攻略を考えていた商社マン親子、

いずれも、基礎の勉強がしっかりできている子が、6年生後期から過去問演習で適性検査慣れして合格できたという事例です。

なにも特別な能力ではありません。慣れです。

他にも色々なやり方があると思います。

皆さんそれぞれに、色々な考えをお持ちになれば良いと思います。

商社マンには、おめでとうございますと伝えました。