普及手作り食で、過剰になりがちな栄養素 | リアルドッグ栄養セラピー【ハタチ(20歳)を目指す!わんこ愛にあふれる毎日を過ごすための、おうちごはんケア】

リアルドッグ栄養セラピー【ハタチ(20歳)を目指す!わんこ愛にあふれる毎日を過ごすための、おうちごはんケア】

ハタチ(20歳)を目指す、長生き健康わんちゃんを育てるレシピを開発しました。
毎日おいしく楽しい愛情ごはんで健康寿命を延ばす、おうちごはんケアを手渡しています。

こんにちは。木原です。

 

一般的に普及している手づくり食で

不足しがちな栄養素については、

何度が記事にしてきましたが、

過剰になりがちな栄養素のことを書くのは、

初めてかもしれません。

 

もう結論から言っちゃいますと、

それは、「ヨウ素」です。

 

私が相談を受けて分析した

手づくり食の中で、ヨウ素が多すぎるものも

ありました。

 

多すぎるヨウ素は、

「昆布」に含まれています。

 

良かれと思って、

毎日昆布だしを使っておられる飼い主さんや、

市販のダシパック(昆布入り)を

使っておられる飼い主さんは

ヨウ素過剰になっています。

 

昆布には、

100gあたり何万㎎という、
桁違いに多いヨウ素が含まれており、

犬や猫の食事の基準と照らし合わせると、

昆布の量が少量でも、

ヨウ素が過剰になってしまいます。

 

しかもヨウ素は、ダシに溶け込んでいますので、

昆布でとったダシ汁だけを使っても、

ヨウ素が過剰になってしまうのです。

 

お気を付けくださいね!