【お知らせ】病気が診断されてから半年以内のわんちゃんのみ、受け付けます。 | ドッグ&キャット クリニカルキッチン~食事と漢方の動物病院 木原ペットクリニック

ドッグ&キャット クリニカルキッチン~食事と漢方の動物病院 木原ペットクリニック

犬と猫の体のしくみに本当に合った栄養で、愛犬・愛猫の寿命を延ばすレシピが自分で作れるようになる、リアルドッグ栄養セラピー

こんにちは。木原です。

 

 

「気管虚脱の犬のための
おうちケアハンドブック」、

たくさんのダウンロード、

ありがとうございます。

 

今日は、ひとつ大事なことを、

強調させていただきたいと思います。

 

いつも申し上げていることでは

あるのですが、

 

「酸素室や鎮静剤が必要になる前に、

安楽死か手術か、という状態になる前に、

食事で気管を強くして、重症化を防ごう。」

 

ということです。

 

そして、個別相談会でお伝えしているのは、

 

「病気になる前に始めてほしい。

死んでしまった細胞は、元に戻らない。

まだ救える細胞があるうちに、

弱っている細胞を救ってあげて、

症状を改善させよう。」

 

ということです。

 

それなりの費用を出していただいて

受講していただくにあたって、

受講終了時には想像もできなかった、

すばらしい変化をとげて、

元気になるわんちゃんの飼い主さんの

特徴は、

 

・あきらめない

・必ずよくなると信じている

・問題が起きても、それを解決しようとする。

 

そのような飼い主さんです。

 

逆に個別相談会に来ていただく段階で、

「昨日も一昨日も発作がありました。」

「咳が止まらなくて、鎮静剤で眠らせています。」

 

また、

「ドライフードを買ったばかりで

まだ3袋も残っているので、

これがなくなってからにします。」

「近所の獣医さんは信用できないので、

セカンドオピニオンもお願いしたいです。」

 

このような飼い主さんは、

大変申し訳ありませんが、

個別相談会に来ていただいて、

受講を決めていただいても、

 

症状が強いために、通院や

他のお薬を飲ませるということにかかりきりになって、

食事療法に集中できず、続けられないかもしれません。

 

あるいは、「ドライフードと半々でやってみたけど、

よくならなかった。」

「薬なしで食事だけで治したいから、

かかりつけの獣医さんへの相談は適当でいい。」

 

そのような思考になってしまうと、

本来の栄養セラピーの効果が出ない

可能性があります。

 

以前、受講を決めていただいた飼い主さんは、

費用の点で、すごく迷われました。

本当に効果が出るかどうか、ということも

あったかもしれません。

 

だけど、「先生を信じて、お願いします。」

と、何か覚悟を決めたような言葉で、

申し込んでいただきました。

 

その方はもう卒業されていますが、

飼い主さんご自身も、わんちゃんも猫ちゃんも、

ものすごい変化をとげられて、

受講前には悩みだらけだった日常が、

自信にあふれて、楽しみのある日常に、

変わりました。

 

食事管理は、

1日1日の積み重ねがとても大切です。

 

今お薬を飲んで、30分後に効いてくる、

というようなものではありません。

 

そして、細胞がまだ戻って来られるうちに、

早ければ早くに始めるほど、効果的です。

 

病気の症状が出る前に、すでに

体の中では変化が起こっています。

 

だから、症状が出る前に、

あるいは症状が軽いうちにできるだけ早く、

始める必要があるのです。

早ければ早いほど、効果は高くなります。

 

病気のことで悩むことなく、

わんちゃんや猫ちゃんが、おいしそうに

食事を完食する姿が見たい方は、

 

本気で、ずっと一緒に幸せを感じて

過ごしたい方は、個別相談会へのお申し込みを、

歓迎します。

 

個別相談会は、

メール講座内で、募集をしますので、

ご登録をして、募集のお知らせをお待ちくださいね。

 

今回の募集は、

明日朝5時のメール講座配信で

最終締め切りとなります。

メール講座登録はこちらから▼

https://www.agentmail.jp/lp/r/172/11273/