病気によって食事を変えなくてもいい、方法があるとしたら・・・?! | ドッグ&キャット クリニカルキッチン~食事と漢方の動物病院 木原ペットクリニック

ドッグ&キャット クリニカルキッチン~食事と漢方の動物病院 木原ペットクリニック

犬と猫の体のしくみに本当に合った栄養で、愛犬・愛猫の寿命を延ばすレシピが自分で作れるようになる、リアルドッグ栄養セラピー

昨日のセミナーでも話題になったのですが、

療法食って、この病気にはこの療法食がいいけど、

こっちの病気にはその療法食はダメで、

別の療法食がいい。

 

どっちを選ぶか??

 

みたいな場面って、ありませんか?

 

例えば昨日の方は、

膵炎と腎臓病がありました。

 

療法食だと、膵炎用のフードは腎臓にはよくなくて、

腎臓病用のフードだと、膵臓によくない・・・。

仕方がないから、より症状が重い方に合ったフードを

あげている・・・というお話でした。

 

一体、体は、何を求めているのでしょう。

その子には、本当はどのフードが合っているのでしょう?

 

それでは今回も、

前回のセミナーのご感想を覗いてみましょう!

(昨日のセミナーの膵炎と腎臓病のわんちゃんとは、別のわんちゃんの

飼い主さんのご感想です。)

 

===========================

【1】このセミナーに来る前は、どんなお悩みをお持ちでしたか?

 

多頭飼いの4匹のトイプードル(心臓病、脱毛、咳、食が細い、

膀胱炎を繰り返す、極度に憶病、自家繁殖の子、尿路結石、

皮膚が弱い、てんかん発作、涙やけ)

 

それぞれにご飯を用意しているが、

不調の度に新たなフードを探しているフードジプシー。

確信をもってあげられる食事にしたい。


【2】解決したこと、参考になったこと、持ち帰ることができたことは何ですか?

 

ウンチの回数やおしっこの量がフードのせいだった。

信じていた療法食の思いがけない効果、

PHコントロールのご飯の子だけ異様に水を飲んで

大量のおしっこをする理由がわかりました。

 

てんかん発作の子は次の大きな発作で治療をすすめられていました。

服用は一生といわれたので躊躇していました。

治療が始まる前に食事で改善できるポイントを教えていただき

即実行したいと思います


ありがとうございました。

 


【3】木原とも子はどんな人でしたか?

 

やさしく丁寧に質問にご対応いただきありがとうございました。


【4】このセミナーは、どんな人におすすめですか?

 

ペットを愛するすべての人!!


その他、ご自由なご感想があればお願いいたします。

 

昨夜はありがとうございました。
対話形式でとても楽しくてあっという間に終わってしまいました。
そして素晴らしいアドバイスをありがとうございました。
胃腸が弱いプードルファミリーなのでトッピングを少しずつから

じめていきたいと思います。


本当にありがとうございました。

===========================

 

4頭のわんちゃんに、

それぞれ別のフードを用意しなければならないという、

この飼い主さん、大変ですね!

 

リアルドッグ栄養セラピーでは、

わんちゃん・猫ちゃんによって、別の食事を

用意しなければならないということはありません。

 

みんな同じ食事で大丈夫です。

 

そんなことって、あるの??

と、疑問でいっぱいのみなさ~ん!

ぜひ私の話を、聞きに来てくださいね。

 

それでは今日も、ありがとうございました!

またお会いしましょう。