少し前に、同じフードで飽きてしまうわんちゃんは、健康志向が高い!という記事を書きました。

https://ameblo.jp/tomomo-burn/entry-12442573595.html

 

じゃあ、猫はフードを変えたり、フードから手作り食にすると食べない子が多いから、健康志向が低いのか?!と思いませんでしたか?

 

私は思いました!我ながら・・・。自問自答。

 

犬の祖先の狼や、もともとの犬は、集団で狩りをして大きい動物を仕留め、食べていました。

 

一方猫は、ごく最近まで、ネズミや小鳥、小さめの魚を主食としていました。猫にとってネズミ丸ごと1匹は、質的に必要な栄養素を完全に満たしています。量的にも、1日10匹食べると、十分だそうです。

 

であれば、わざわざリスクを犯して食べ慣れないものを食べる必要はなかったと思われます。また、猫は一気食いはせず、1日に何度もちょこちょこ食べる習慣も、1日に10匹のネズミを食べるということから、納得できます。一気に10匹食べるわけではないはずだからです。

 

というわけで、猫は無用なリスクを避ける、堅実な動物と言えるかもしれません。