猫の好酸球性皮膚炎

テーマ:

猫の皮膚病の中でも、よくある好酸球性皮膚炎。

その中で今日は好酸球性プラークと呼ばれる症状について。

 

猫が1ヶ所をすごくなめていると思ったら、毛が抜けて真っ赤になっています。傷みたいになっているのに、猫はずっとなめていて、痛くないのかな、と思い、慌てて止めつつ、病院へ!

 

というのが好酸球性プラークです。

 

皮膚検査をしてもらうと、好酸球という特徴的な細胞が増えているので、好酸球性皮膚炎という診断が下され、アレルギー反応が関与していると言われています、と説明を受けます。

 

とりあえず症状を治めるためにステロイド剤を注射してもらうか飲み薬でもらうか、もしくは塗り薬を出してもらうかもしれません。

 

 

クリニックでは、好酸球性皮膚炎のうち、少なくともこの好酸球性プラークについては、漢方の塗り薬で対応できています。バッチフラワーレメディを組み合わせることもありますが、ステロイド剤は不要、飲み薬も不要です。