こんにちは。tomokos.netの鈴木智子です。

さてさて、SEO情報。すごくたくさんありますね。その程度で売れるんだぁと驚いています。業界仲間との話では、
「あ~、中小企業や個人ショップオーナーやアフィリの人たちにはウケルよね。」
「いつまで続くかねぇ。」
なんて話しています。

まあ、それはそれとして。

SEO屋ネタ。

去年、米グーグルとマイクロソフトbingが口げんかしていたのは皆さんご存知の通り。

平たく言うと、Googleの検索結果表示順位をbingがパクっていることを実証したとGoogleが発表し、それに対して、bingはそんなことしていないと反論しました。

検索エンジンがキーワード検索による検索順位表示は、いろんなファクターを分析して決定されます。
キーワードを入れた文章を書きましょう
とか
トップページからの外部サイト初リンクの数は限定しましょう
とか
属性の高い被リンクを得ましょう
とか
そんなことは、微の微。

もちろん、いずれも大切なことですから、これらのポイントを軽視してはいけません。
やっていない人は、この3点はきっちり意識しましょうね。

話を戻します。

Googleが公表したのは、
マイクロソフトのInternet Explorerでキーワード検索した時の検索結果表示順位がIEからシグナルとしてマイクロソフトに送信され、数日後にはbingの検索結果もGoogleの検索結果と同じになるというものでした。

IEというブラウザは、利用者利便性向上のために様々な情報をマイクロソフトに送ります。
IEブラウザ利用者が意識しないところで、データはマクロソフトに提供されているのです。

これはインターネットの世界では普通のこと。

GoogleやYahooのツールバーも同じようにユーザデータをそれぞれの会社に送ります。
日本で使っている人は少ないと思いますが、Alexa.comのツールバーも同じ。

あなたが何気なく使っているキーワード検索の情報は、シグナルとしてカウントされているのです。
あなただけでなく、日本中、世界中の人たちの検索行動やリンク行動がシグナルになるわけです。Googleは何をシグナルとするか、その重要度が高いか低いかを公表しています。IT系のニュースサイトを見ていればわかります。

あなたのサイトやあなたのブログ、その中身はとても重要です。
薄っぺらなサイトは高い評価を得ることはできません。
けれど、検索結果順位を決めるシグナルやその他のファクターを知らずしてキーワードを入れた文章を書いても、包括的なSEOにはならない(短期的なSEO「対策」にはなるのかも疑問)と思っています。

これをやれば絶対上位表示される!
SEOってそんなに単純なものじゃないってこと、ご理解いただきたいなぁ。

週末のせいか、まとまりのない文章ですが、SEOを気にされる方にはぜひとも全体的なファクターを考慮していただきたいというお願いでした。




鈴木智子のホームページのアクセスアップ講座