ココロとカラダの波動を上げる ”願いを叶えるカラダ”の育てかた 〜宇宙に愛されるカラダは、細胞から光る〜

ココロとカラダの波動を上げる ”願いを叶えるカラダ”の育てかた 〜宇宙に愛されるカラダは、細胞から光る〜

ココロとカラダにも波動がある。願いと同じ波動が放たれている時、願いは叶う♡


テーマ:

 

 

数ヶ月前わたしは

生活の中心となっていた大事なことを

すべて手放して

 

まったく違う生活を始めました。

 

 

 

それはまったく

予想していたことではなかったし

望んでいたわけでもない現実。

 

 

 

 

 

それは自分にとって

本意なことではなかったけれど

 

宇宙は明らかにわたしを

そう導いていたし

 

こういうことは

今まで何度も経験してきたし

 

宇宙の導く方に行くことが

正解なのも知っているから

 

 

潔くすべて手放し

流れに身を任せました。

 

 

 

 

その状況に身を置くことで

果たせるであろう目的もあって

 

 

望んでいた形ではないものの

希望する状況が訪れるまで

”待つ” つもりで

 

 

宇宙から与えられた状況の中

がんばろうと

今日までやってきました。

 

 

 

 

 

本来魂が望む生活じゃない

その中でも

 

宇宙は

 

わたしが

生きていられるように

 

希望を

失わずにいられるように

 

 

キラキラする出会いを与え

 

ワクワクする情報を与えて

 

 

今日まで

サポートしてくれてきました。

 

 

 

この数ヶ月

 

身動きが取れなかったり

苦しくてしょうがなかったり

生きる喜びを忘れそうになる中でも


 

本当にびっくりするほど

すばらしい出会いを

与えてもらって

 

 

宇宙から愛されていること

 

自分が

守られていること

 

 

すごく

実感してきました。

 

 

 

 

 

それでも

心の底からは

気分は晴れなくて。

 

 

その都度喜びは感じても

 

わたしの心は未だに

失意の中にある。

 

 

 

 

 

この数ヶ月の状況に

身を置くことで

果たせるであろうと思っていた目的が

先日果たされたことで

 

 

そこまではがんばろう

思っていた気持ちの糸が

プツンと切れたのかもしれない。

 

 

 

糸が切れてしまった凧のよう

コントロールを失った

自分の気持ちを感じています。

 

 

 

 

 

 

この生活にはもう飽きた

 

待つことに疲れた

 

この状況はもう終わりにしたい

 

 

 

 

そんな気持ちが

繰り返し繰り返し湧いてくるのだけど

 

 

 

自分の心を苦しめているのは

本当は

 

この状況やこの生活ではなく

 

 

自分の心の捉え方なのだ

と思うのですね。

 

 

 

 

 

 

 

わたしにはずっと

待っているものがありました。

 

 

誰に待てと言われたわけではなく

どこに待てと言われたわけでもなく

 

自分で待つ、と決めて

勝手に待っていたこと。

 

 

 

自分で決めたのに

待つことに疲れてしまった。

 

 

 

待っても待っても兆しも感じなくって

自分の気持ちにも自信が持てなくなって

 

何をあてに待ち続けたらいいのか

分からなくなってしまったんですね。

 

 

 

 

でもこれも

心の捉え方。

 

 

 

「待つ」という姿勢を持つから

苦しいんだなって

思ったんです。

 

 

 

 

「待ってる」のに「来ない」

と感じるから

辛くなる。

 

 

 

本当は待つ必要なんてないのに。

 

 

 

 

今までだって

いつだって宇宙は

 

必要なものは必要なタイミングで

必ず与えてくれている。

 

 

 

本当は

待つ必要なんてなくて

期待なんて持つ必要もなくて

 

すべては与えられる。

 

 

 

 

宇宙は誰より

わたしの魂の望みを知っているし

それを与えるべき

最高のタイミングを知っているのだから。

 

 

 

 

 

「待つ」という意識を持つことで

わたしは自分を

囚われの身にしてしまったのですね。

 

 

 

待っても変わらぬ状況に

自分を何度も見失い

睡眠や食事など

生活の基本さえも

ちゃんとできなくなる自分がいました。

 

 

囚われて身動きが取れなくなって

自分らしさを失ってしまった感じ。

 

 

 

 

 

今月に入ってまた

感情の解放がすごく起きていて

 

気持ちの不安定がすごく

 

もういい加減やめたい

 

こういうのはもう

終わりにしたい。

 

 

そう強く思って。

 

 

 

 

自分を取り戻したい。

 

もっと自由だった自分に

戻りたい。

 

と。

 

 

 

そのために

待つという意識を

捨てよう。

 

 

 

すべては大いなる宇宙に

任せて

 

何事においても

 

 

「いつ、その時が訪れるのだろう」

 

 

などということに

意識を向けないで過ごしたい。

 

 

 

 

苦しいこと

今得られていないと感じていること

に囚われて

 

 

今与えてもらっていることに

気付かず

 

感謝を忘れる自分にはなりたくないから。

 

 

 

 

待つ必要なんてなかったこと

 

すべてはベストなタイミングで

与えられてきたし

 

これからも与えられていくのだ

 

ということを

ちゃんと思いだして

 

 

一日一日

自分を抱きしめるように

過ごしていきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス