【くもん】自宅学習への関わり方で大切にしていること | 丸の内風OLの育児日記

丸の内風OLの育児日記

2011年12月生まれの男の子のママです。
ワーキングマザーです。
お仕事はMDです

働くお母さんへ向けた
LINEスタンプ作りました。
現在 販売中です

ワーキングマザー
http://line.me/S/sticker/1041000

ママサポーター第10期第3回目テーマアメママ子育てリアルボイスsupported by KUMONブログネタ:ママサポーター第10期第3回目テーマアメママ子育てリアルボイスsupported by KUMON 参加中
息子 小2 
くもんは 算数、国語、英語 をしています。

その他、ピアノ、スイミング、野球、サッカー、習字。

本日は
自宅学習への関わり方で大切にしていることをテーマに書きたいと思います。

夏休み入ってから 毎日くもんも宿題も頑張っています。
ちなみに私は仕事なので、学童でだいたい終わらせてきます。


最近は自主的に取り組んでいて 夏休みの宿題も残すところ、自由研究と読書感想文。

くもんは コツコツ学年よりちょっと先を取り組んでいます。

さんすうは、2桁の掛け算
国語は 主語、述語など
英語はそろそろD教材が終わりそうです。

英語でトロフィーを狙っています。

国語は綺麗な字を書くことをがんばっていて、キレイにかけたら毎回見せてくれます。

どんなに忙しくても褒めるようにしています。

習字も上達してきました。


さんすうは 速く解くこと
国語は丁寧に書くこと
英語はかっこよく発音すること

息子なりに教科によってそれぞれ目標をもって取り組んでいるので、そこを褒めるようにしています。

時々集中してると
「くもん楽しくなってきちゃった」
と呟いてるので良い傾向です。


今日は学童でJAXA見学に行ってきました。
本物のハヤブサを見て感動してました。

宇宙が大好きなので、将来宇宙に、関わる仕事がしたいと言っています。

大人になった時に、なりたい職業の選択肢が少しでも増えるよう しっかりとした学力と、小さい頃からコツコツと努力できる力をつけさせたいと思います。


わたしは仕事でプロスポーツ選手と関わることが多いのですが 彼らプロ選手は才能もあるけど、やっぱり人並みではない練習量をこなしていて、本当に同じ人間なんだろうか…と常々思ってます。

まだ新人の頃、選手の練習に立ち会った時に
「みんなこんなに朝から晩まで練習してるんだ!」
とビックリしました。
優勝争いする選手は、誰よりも早くから、誰よりも遅くまで練習してました。

スポーツも音楽も芸術も練習量だと思うのです。

そして、勉強もスポーツも同じで
学力=学習時間 かなと。

プロのスポーツ選手は小さい頃からコツコツ練習してきて、成功するし。
基礎体力のない人がいきなりプロ目指しても難しい訳で。

だから、息子にも小さい頃から 勉強の基礎体力作りを少しずつして、集中力や処理能力、読解力、毎日コツコツ努力できる力などを身につけさせたいと思っています。
あとメンタル的なところも。

多分、学校の成績を上げる学習ツールは世の中にたくさんあると思うのですが、将来を見据えて、大人になってからも役立つ勉強の基礎体力を養ってほしいという私の考え方に一番近いのはくもんの教材だと思っています。

子どもらしく遊ぶのも、もちろん大切だと思ってるので、ゲームもYouTubeもお外遊びも特に制限してないです。
くもんを終わらせたら好きにどうぞという方針はずっと崩さずにきています。

1日のうち、30〜40分 勉強貯金をする事で きっと高学年や中学生になった時に、きっと力がついてると思います。

これからも、息子がくもんを楽しく取り組めるよう私も色々努力したいと思います。





『アメママの子育てリアルボイス』はこちら