みすゞアメリカへ! | 藤田朋子オフィシャルブログ「笑顔の種と眠る犬」Powered by Ameba
2017-02-01 23:33:33

みすゞアメリカへ!

テーマ:テレビ、ドラマ、映画、舞台
『金子みすゞ……世界に羽ばたく予感!
絵本『ARE YOU AN ECHO?』出版記念トークイベントin東京』に行きました。
 
みすゞさんの人生と詩を描いた本がアメリカで出版されました。
 
その記念のイベントです。
先日、石井ふく子先生の授賞式で、みすゞさんの娘さんのふさえさんから「時間があったら来て」と教えて頂いたのです。





マーブルシュッドさんの梨の芯のスカートをはいてゆきました!


 
 
イベントは、金子みすゞさんの詩がどうやって、今のように知られるようになったか…の話から始まりました。
 
絵本作家の矢崎節夫先生が偶然、見つけた「大漁」の詩。
そこから3冊の詩のノートに巡り会い、それを出版したいと望むも断られ続け、出来立てホヤホヤのJULA出版さんと出逢い、利益の出ないギリギリで出版をして…
ところが、何かあると必ず思いがけない事が起きて、今のように「金子みすゞ」さん、その詩が、日本中に知られるようになったという…
 
そのみすゞさんの詩が、英訳されて出版される…
 
そのきっかけも、まさにミラクルな事の連続だったようです。
 
 
そもそもアメリカで詩集を出版するのは、出版社にとって、かなり勇気のいる事だそうです。
 
それでもこうして出版され、初版1500部完売!
更に2600部増刷して完売!
今も尚、増刷中だそうです。
 
 
アメリカで出版をし、翻訳とみすゞさんの生い立ちや、日本での広まりについてを書いたデイビッド・ヤコブソンさんと矢崎先生の詩の世界観、みすゞさんの詩の意味するところ等のトークの後、『ARE YOU AN ECHO?』の挿絵を描いた、はじりとしかどさんや、翻訳をされた坪井美智子さんのお話。
 
坪井さんは、英語を教えておられて、個人的にみすゞさんの詩を訳していて、姪で、カナダ生まれ、カナダ育ちの日系人サリーさんにも協力して貰いながら訳詩にのめり込んでいた時、サリーさんが、みすゞの詩を訳している事をブログにあげていたのをデイビッドさんが見つけて連絡をしたとの事。
また、はじりさんが挿絵を描く事になったのは、デイビッドさんが、みすゞの世界を表現するのに、アメリカ人より、リアルな日本を描ける人が良いと、500人ものイラストレーターさんの中から、はじりさんを見つけ出したそうです。
 
デイビッドさんからの突然の英語のメールに、最初は「迷惑メール」としてゴミ箱へ捨てるほんの僅かの瞬間に、内容をちょっと読んだら、何か仕事を依頼しているらしい事に気づいて、更によく見ると、英語と日本語で、丁寧に書いてある文面で、80%信じながら、やりとりを始めたそうです。
 
 

デイビッドさんのリクエストは、みすゞさんが生きた時代を性格に再現して欲しい。
幸い、はじりさんは、その時代ものを描くのが得意だったこともあり、150年前の資料や図鑑を調べ尽くし、この絵を描き上げたそうです。




 
素晴らしい!
 
 
何よりも、ふさえさんが「私、絵にして貰ったことなかったの」「すごく可愛く描いてもらったの」「かわいいでしょ?」と、会場に着いた途端、絵本を見せてくれました。
 
感慨深げに「3歳の頃の私に出会えた事が嬉しいです」と話していらしたのが心に響きました。
 
ふさえさんには、その頃の記憶はないそうです。
つまり、ふさえさんには、みすゞさんの記憶がないのだそうです。
 
今、こんな風に生きている事が「ふしぎね」と…




坪井美智子さん、ふさえさん、デイビッドさん、はじりさんと。

 
 
 
 

Are You an Echo?: The Lost Poetry of Misuzu Kaneko [ Sally Ito ]
価格:3024円(税込、送料無料) (2017/2/2時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
 

 









矢崎先生と、そのお隣は、みすゞさんの一生を講談で語られている一龍斎春水さん。
 
素敵な夜になりました。
今宵が、みすゞさんの歴史の1ページになるかもしれない!そんな夜でした。
 

tokoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース