宮本輝著「錦繡」

この一冊はネット読書会で、

どうしても取り上げたかった私の大好きな小説のひとつです。


今は手紙を書く事などほとんど無くなっていますが、

この小説は全編手紙で、

とても珍しい往復書簡小説です。

今回、少し丁寧に読み返してみました。


別れた夫婦が十年後に、

偶然、蔵王のゴンドラ・リフトに乗り合わせる。

そこから物語がスタートします。

滅多に起こらないような偶然から小説がはじまりますが、

何故かそれほど不自然な感じはいたしません。


書き出し、小説では最も重要な一行です。

その一行目を偶然から始めるというのは禁じ手といえば禁じ手でしょう。

しかし、主人公勝沼亜紀の驚きにはインパクトがあります。

一行目から小説は動き出します。


一篇の小説の持つ雰囲気と、

モチーフが読者に伝わります。

読者は小説の持つ世界に引き込まれます。